トピックスtopics

ヘアサイクルは年齢を重ねると短くなる?

年齢を重ねると共に、毛髪に関する悩みを抱えることが増えてきますが、その大きな原因としてはヘアサイクルの乱れが挙げられます。

今回は、年齢とヘアサイクルとの関係について解説し、薄毛や抜け毛を防ぐにはどのような対策をすれば良いのかについて紹介します。

ヘアサイクルは年齢を重ねることによって短くなる

毛髪は、成長して自然と抜け落ち、またそこから新た生えてくるというサイクルを繰り返しています。この周期をヘアサイクルと呼んでいますが、1度のヘアサイクルの期間は2年から6年くらいです。

しかし、ヘアサイクルは年齢を重ねてくると短くなってしまう傾向があります。特にヘアサイクルのなかでも、毛髪が成長する期間である成長期の期間が短くなるため、髪が十分に育たなくなってしまうのです。

そのため、細くて短い毛髪が増え、ボリュームがなくなった、ハリやコシがなくなったというような悩みを抱える、薄毛で悩むということになります。

ヘアサイクルが年齢によって短くなる理由

ヘアサイクルが年齢を重ねると共に短くなってしまう理由の1つに、血液の流れが悪くなるということが挙げられます。年齢を重ねると筋力が低下したり、血管が硬化したりすることで、血流が悪くなるのです。

血流が悪くなると頭皮に必要な栄養素や酸素が行き届かなくなるため、毛髪が成長できず、ヘアサイクルが短くなってしまう原因につながってしまいます。

ヘアサイクルが短くならないための対策法はある?


血流が悪くなり、ヘアサイクルが短くなってしまう原因が「年齢を重ねること」なのであれば、対策のしようがないと思う人もいるでしょう。しかし、対策法はあります。

例えば、適度な運動を日常生活にとり入れることで、血流の流れをよくすることが可能です。

日々の生活に運動をとり入れるのであれば、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動や、凝り固まった筋肉をやわらかくするストレッチなどがおすすめです。

その他にも、タバコやストレスも血液の流れを悪くする原因になるので、禁煙する、なるべくストレスをためないようにするなども、ヘアサイクルを短くしないための対策方法として有効です。

まとめ

ヘアサイクルと年齢との関係を解説し、ヘアサイクルを短くしないためにできることについて紹介しました。

AGAなどの薄毛で悩んでいる人の中には、もう歳だから仕方がないと諦めてしまっている人もいるかもしれませんが、こちらで紹介したように対策方法はあります。

まずは生活習慣や運動習慣、食生活を見直すなど、薄毛の予防対策としてできることから始めてみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ