トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 50代の肌のシミを消したい!自力で消すことはできる?

50代の肌のシミを消したい!自力で消すことはできる?


50代になると、コンシーラーでも隠し切れないほどシミが目立つようになったと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。年齢を重ねると美容面での悩みも増えます。シミも数が増え、濃くなるのでどうしても目立ってしまいますよね。

しかし、年齢的にも仕方がない…と、あきらめる必要はありません。

今回は、50代のシミを消す方法について紹介します。

50代のシミは化粧品で消すことは難しい


最近は、「シミを消す効果がある」という美容液や美容クリームなどが数多く販売されています。しかし、市販の化粧品でシミを消すのは難しい現実があります。実際に使ってみたけれど、効果はイマイチだった、薄くなった気はするものの消えることはないというような経験をした方もいるのではないでしょうか。

50代の消したいシミは美容医療の力で解決しよう!

ひとくちにシミといっても、50代以降のシミはさまざまなタイプのシミが混在していることが多いです。シミの種類とは、以下のようなものがあります。

老人性色素班:濃い褐色で大きく、丸くはっきりとしている
肝斑:両頬や目尻下に左右対称にできる茶色い色素班
そばかす:遺伝的要素が強いシミ
脂漏性角化症:髪の生え際などにできやすく、ざらざらと盛り上がった感じのシミ

この中でも、特に50代になると脂漏性角化症を発症することが多いです。

そして、これらのシミは自力で消すことは難しいため、きれいに消したいという場合はレーザー治療など美容医療の力を利用する必要があります。シミによって治療法も変わりますので、まずはクリニックなどで相談すると良いでしょう。

美容医療の力で50代のシミを消す?どのように消すの?

シミを消す方法は、シミの種類によってその施術法が違ってきます。例を挙げると
老人性色素班:レーザーピーリング、ライムライト、ビタミンCイオン導入など
肝斑:レーザーピーリング、トラネキサム酸など
脂漏性角化症:炭酸ガスレーザー
などがあります。

老人性色素班は、半年くらいでゆっくりと薄く消えます。

肝斑の治療には数か月かかりますが薄く目立たない状態を維持することができます。摩擦による負担を軽減し、化粧品をどんどん重ねるようなことはしないように、シンプルなスキンケアを心がけましょう。

脂漏性角化症は、小さいうちに治療すれば、きれいに取ることができます。

50代でシミに悩んでいるという方は、このような美容医療によるシミ治療を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

シミは、一度できてしまうとなかなか消すことは難しいです。50代でシミを消したい!という場合は、レーザー治療など美容医療の力を頼るという方法がおすすめです。

また、自分の細胞を使って肌を若返らせシミなどの悩みを解決する肌の再生医療という方法にも注目が集まっています。

自分に合った方法でシミの悩みを解消して、いつまでも若々しく美しい肌を保ちましょう。

トップ