トピックスtopics

50代の肌にハリを取り戻す良い方法を紹介します!

50代になると「肌にハリが感じられなくなってしまった」というような悩みを抱える方が増えてきます。どうしても年齢と共に肌のハリはなくなってしまうものですが、でも、取り戻せるなら若いころのような肌のハリを取り戻したい!と思いませんか?

そこで今回は、50代の肌にハリを取り戻す良い方法を紹介します。

50代の肌にハリを取り戻すにはヒアルロン酸注入が良い!?


50代の肌にハリや潤いがなくなるのは、真皮内の線維芽細胞で作られるエラスチンやコラーゲンの量が減ってしまうからです。これらの成分は肌の土台を支えている成分なので、減少すると肌がしぼんでしまい、ハリを失ってしまうのです。

そこで、ヒアルロン酸を注入するという方法があります。ヒアルロン酸の注入は、簡単な施術ですし、即効性が感じられるという点でも人気が高い美容医療の1つです。

ただし、効果は持続しないため、その都度注射を打つ必要があります。

50代の肌にハリを取り戻すにはレーザー治療が良い!?

50代の肌にハリを取り戻す方法に、レーザー治療という選択肢もあります。

高周波を皮膚表面に照射するサーマクールや、ハリだけでなく、ほうれい線にも効果のあるウルトラリフトダブルなどがありますよ。

50代の肌にハリを取り戻すには肌の再生医療が良い!?

最近は、老化した肌に若々しさを取り戻す再生医療も話題です。

体内に異物を入れることに抵抗を感じる人、安全性を重視したい人、自然な仕上がりや肌そのものを美しくしたい人におススメです。

再生医療といっても、線維芽細胞を用いる方法、血液を用いるPRP法、脂肪由来幹細胞を用いる方法があります。

線維芽細胞を用いる方法とは?

線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチンなど美肌成分を作り出している細胞ですが、年齢とともにその分泌量は減少します。そこで、線維芽細胞を取り出し培養、活性化したものを体内に戻すことによって、美肌成分の分泌量を増やし、肌のハリを取り戻す方法です。

PRP法とは?

自分の血液の血小板を濃縮したものを気になる部位に注入する方法で、目の周り、しわやクマ、ほうれい線などの治療にも向いています。

脂肪由来幹細胞を用いる方法とは?

脂肪組織から採取した幹細胞を培養し、気になる部位に注入することで、肌のハリを取り戻す方法です。幹細胞そのものを投与することで、細胞や角質を修復・再生し、線維芽細胞を用いた方法よりもより高い効果が期待できる画期的な美容医療として話題です。

まとめ

50代の肌にハリを与える方法はいろいろあります。

ですから、年齢だから仕方がない…などと諦める必要はありません。ご自身に合った方法で、ぜひ、若々しい肌のハリを取り戻してくださいね。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ