トピックスtopics

ヘアサイクルと薄毛ってどんな関係があるの?

ヘアサイクルと薄毛は、とても深い関係があります。

そのため、薄毛の対策をしたい人は、ヘアサイクルとはどういったものかを把握し、ヘアサイクルと薄毛との関係について知るなど、正しい知識をもって正しい方法でケアを行うことが大切です。

そこで今回は、ヘアサイクルと薄毛にはどのような関係があるのかについて解説します。

正常なヘアサイクルと薄毛の人のヘアサイクルの違いとは?

人の毛髪は一度生えたらずっと生えているわけではなく、生えたら抜けて、また新たに生えるということを繰り返しています。この繰り返しをヘアサイクルといいます。

ヘアサイクルには毛髪が伸びる時期「成長期」と、毛髪の成長が弱まっていく「退行期」、そして、毛髪の成長が完全に止まる「休止期」があります。

ヘアサイクルが正常な人の場合、成長期は2年から6年、退行期は2週間から3週間、休止期は3ヶ月から4か月くらいです。

薄毛の人のヘアサイクルの特徴とは?

薄毛は、ヘアサイクルの乱れが大きな原因になりますが、薄毛の人のヘアサイクルは成長期の期間が短くなり、休止期の期間が長いという特徴があります。退行期の期間はあまり変わりません。

特に成長期は太く長い毛髪が育っていく時期で、正常のヘアサイクルであれば毛髪は2年から6年と長い期間をかけて成長していきますが、ヘアサイクルが乱れていると成長期は1年くらいの場合もあれば、数ヶ月しかない場合もあります。

このようなヘアサイクルが繰り返されていると、毛髪が十分成長できないため、抜けやすくなりますし、毛髪1本1本が細く弱々しくなります。その結果、薄毛になってしまうのです。

ヘアサイクルの乱れが薄毛の原因?ヘアサイクルをチェックする方法!


ヘアサイクルが乱れているかどうかは、抜け毛をチェックすることで判断できます。

特に薄毛で悩んでいるという人ではない場合でも1日に50本から150本くらいの髪の毛は抜けますから、150本くらいの抜け毛であれば、問題ありません。しかし、200本、300本と明らかに抜け毛の本数が多い場合はヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。

また、抜け毛の本数だけではなく抜け毛の長さや太さをチェックすることも大切です。特に、長さが短くて毛先が細くなっている場合は、ヘアサイクルが乱れていて成長する途中で抜け落ちてしまっている可能性があります。

まとめ

ヘアサイクルと薄毛の関係について紹介しました。

薄毛を何とか対策したいというのであれば、ヘアサイクルを正常な状態に整えることが重要であることがお分かりいただけたと思います。AGAなどの薄毛を改善したいという人は、こうしたヘアサイクルと薄毛の関係についてしっかりと知っておき、ヘアサイクルを正常な状態に整えるための対策をしていくことが大切です。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ