トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 50代の肌でも透明感のあるきれいな肌になる方法があります!

50代の肌でも透明感のあるきれいな肌になる方法があります!

50代になると、どんなに高価な美容液やクリームなどを使っても透明感のある肌になるのは難しい…と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、肌の透明感を引き出す方法はありますよ。ぜひ、50代のあなたも透明感のあるキレイな肌を目指してみませんか?

50代の肌の透明感を引き出すためにはスキンケアが大事!

50代の肌は、加齢によって敏感になっていますから、なるべく肌への負担を少なくすることが、透明感を引き出すためのポイントです。

メイクをしっかり落とすためにごしごし洗う
肌が乾燥しているからといって美容成分がたっぷりの保湿クリームや美容液をたくさん塗り重ねる
紫外線対策を怠る
メイクをしたまま寝てしまう
このようなことを続けていると、肌に大きな負担がかかるので、シワやくすみ、たるみなどの肌トラブルを引き起こす原因になります。

肌の透明感を引き出すためには、
なるべく肌に負担をかけないシンプルなスキンケアを心がける
紫外線対策をする
メイク汚れはきちんと落とす
ということが大切です。

洗顔をするときには肌に負担がかからないように、自分に合ったクレンジングや洗顔料で、優しく丁寧に行いましょう。ガッツリメイクは、落とすときにも負担がかかりますから、ナチュラルメイクを心がけると良いでしょう。

また、保湿も美容成分たっぷりのクリームなどを使うと肌の常在菌バランスが崩れ、肌のバリア機能を壊してしまいますから、使い方にも注意が必要ですし、自分に合った化粧品を使うことも大切です。

外出時間が短くても、紫外線は真皮にダメージを与えますので、毎日欠かさず紫外線対策をするようにしましょう。

50代でも透明感のある肌を取り戻す美容医療も検討してみよう!


スキンケアによって肌に透明感をとり戻すのは、50代のあなたにとっては難しいことかもしれません。

しかし、美容医療という方法で肌の透明感を取り戻す方法もあります。

脂肪由来幹細胞で50代の肌に透明感を取り戻す!

50代でも肌の透明感を取り戻したい!という方には、線維芽細胞や血液を用いた肌の再生医療という選択肢もあります。

この再生医療では、肌の線維芽細胞を採取、培養した線維芽細胞を気になる部分に移植して、本来の機能を取り戻させる治療です。

さらに皮膚のバリア機能も活性化させる治療法、「脂肪由来幹細胞」を用いた肌再生医療が注目を浴びています。

脂肪由来幹細胞は線維芽細胞を再生するだけでなく、角質の修復や再生に働きかけることも分かっているので、50代の肌にも潤いやハリが戻り、透明感のある肌になる更なる効果が期待できるのです。

まとめ

50代だからと言って、透明感のある肌を諦める必要はありません。

まずは、毎日のスキンケアを見直し、肌への負担を軽減するようにしましょう。そして、肌の再生医療によって若々しい肌を取り戻すという方法も検討してみてはいかがでしょうか。

肌の調子がよいと、とても気分が良いですよね。肌に透明感が戻れば、今よりももっとイキイキと楽しい毎日が過ごせると思いますよ。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ