トピックスtopics

50代の肌トラブルはどんなことが原因になるの?


50代になると、ホルモンバランスが崩れることもあり、シワやたるみなどの肌トラブルが顕著になる方が増えてきます。鏡を見るたびに、シワやたるみが気になり、ストレスになっているという方もいるのではないでしょうか。

何とか対策したい!若いころのような肌を取り戻したい!と、美容法や対策法について模索する方もいると思うのですが、なかなか効果が感じられず困っているという方も多いと思います。

そこで今回は、50代の肌トラブルの原因や対策法についてご紹介します。

50代の肌トラブルの原因は加齢だけではない!

50代になると、さまざまな肌トラブルが顕著になりますが、「加齢だから仕方がない」と諦めている方もいるかもしれません。しかし、肌トラブルは加齢だけが原因ではありません。

紫外線が肌トラブルの原因になる!

肌は、真皮層にあるエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸によって支えられています。これらの成分は線維芽細胞で作られていますが、紫外線が当たると線維芽細胞が影響を受け、エラスチンなどの分泌量が減ってしまいます。

その結果、たるみなどの肌トラブルにつながりますから、日焼け止めを塗るなど紫外線対策はとても大切です。

洗顔が肌トラブルの原因になる!

肌の角質には、ふっくらとした肌を作るセラミドが含まれていますが、このセラミドが減ると肌が乾燥し、赤みが出る、痒くなるなどの肌トラブルが起こります。

メイクを落とす時に、こすり過ぎる、強い力で洗うなどの刺激を与えてしまうとセラミドが流れてしまうので、注意が必要です。

化粧品の使いすぎが肌トラブルの原因になる!

セラミドやヒアルロン酸などを高い保湿効果のある美容成分を含んだ化粧水やクリームなどの使いすぎにも注意が必要です。

肌には肌を守っている常在菌がいるのですが、外部から美容成分を入れることによって常在菌のバランスが崩れると、肌に赤みや皮膚炎を起こすなどのトラブルが起こりやすくなります。

内的要因も肌トラブルの原因になる!

紫外線や洗顔、化粧品の使い方などの外的要因だけでなく、肌トラブルを招く原因には内的要因も挙げられます。

例えば、ホルモンバランスの乱れ、仕事や家事・親の介護などによるストレス、睡眠不足などです。そして、加齢による肌細胞の減少やターンオーバーの乱れなども原因の1つになります。

50代の肌トラブルの解決は医療に頼ってみては?


50代の肌トラブルを解決するために、医療の力を頼るというのも選択肢の1つです。

肌の保湿成分が足りず、肌が乾燥してしまいたるみを引き起こしているのであれば、不足している成分を医療で補う事ができます。シミにはレーザー治療が効果的ですし、さらには最先端の再生医療を選択するという方法もあります。

まとめ

50代になって肌トラブルが起きる原因はさまざまです。紫外線対策やスキンケアなどの美容法を見直すこと、生活習慣を見直すことが大切です。

しかし、自力で対策をしようと思っても難しい現実がありますよね。

そのような場合は、医療の力で50代の肌トラブルを解消するという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

トップ