トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 50代の「たるみ」の原因は保湿!?やりすぎ美容はNGです

50代の「たるみ」の原因は保湿!?やりすぎ美容はNGです


美容で大切なことと言えばスキンケア。そして、スキンケアと言えば保湿が肝心!と言われていますが、その保湿が50代の肌のたるみの原因になってしまっているかもしれないのです。

たるみのない肌を目指したくて一生懸命保湿しているのに、その保湿が原因でたるみが発生してしまうなんて、悲しいですよね。

そこで今回は、50代の肌のたるみの原因について、また、なぜ保湿がたるみの原因になってしまうのかについて解説します。

50代のたるみの原因は保湿!?やり過ぎ美容は肌トラブルの原因に…

50代の肌は「保湿し過ぎ」、が原因になっていることがあるので、やりすぎ美容には注意が必要です。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿効果が高い美容液やクリームなどをたっぷり使ったほうが良いのでは?と思って、一生懸命使っているという方もいらっしゃると思います。

しかし、美容液やクリームを使いすぎてしまうと、肌のバリアが崩れてしまうため、肌トラブルを招きやすくなり、結果、肌のたるみにつながってしまいます。

なぜ保湿のし過ぎはダメなの?

紫外線の影響や肌の保湿成分の減少などにより、50代になると乾燥肌に傾いてしまうことが多いです。

また、更年期に入ると自律神経失調症などの症状も現れ、皮膚の機能をコントロールする力も弱くなってしまいます。その結果、肌が乾燥することもあります。

このように、とにかく肌が乾燥するので、保湿をしなくては!と思う方が多いと思うのですが、保湿し過ぎには注意が必要です。

保湿をしすぎてしまうと、もともと肌にある「潤う力」がどんどん弱くなり、肌機能が衰えるので、さらに乾燥肌がひどくなってしまいます。

また、肌の機能が衰えてしまうと、紫外線など外部からの刺激にも反応しやすくなり、ますます肌トラブルを起こしやすくなります。

本来、肌を守るクリームの機能をしているのは皮脂です。

ですから、まずは「洗いすぎ」によって皮脂を落としすぎないように気を付けましょう。そして、肌本来の機能をなるべく失わないためにも、クリームや美容液で保湿し過ぎることをしないようにすることが大切です。

50代のたるみの原因は加齢!やはり年齢には勝てないの?


50代のたるみと言えば、やはり「加齢」も原因です。

更年期を迎える40代後半から50代になると、たるみが急に目立つようになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その具体的な原因は、コラーゲンなど美肌成分を作る細胞が衰えることや、体内の水分を保つヒアルロン酸が減少することなどが挙げられます。

美肌成分として知られているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、年齢と共に減少していきます。なぜなら、女性ホルモンに含まれるエストロゲンが線維芽細胞に作用して、これらの成分の生成をしたり古いものを分解したりしているのですが、年齢を重ねるにつれて女性ホルモンそのものの分泌も減少してしまうからです。

美しい肌を保ちたいけれど、やはり年齢には勝てないという部分もあるのです…。

50代のたるみを解消するために再生医療も検討してみては?

50代の肌のたるみを解消するために、最近話題になっている肌の再生医療を検討してみるという選択肢もあります。

再生医療は、自分の細胞を用いて若返りを図る画期的治療法で、50代の肌のたるみも自然に解消していく効果が期待できますよ。

まとめ

50代の肌のたるみの原因は、「やりすぎ美容」や「加齢」などが挙げられます。

今まで肌の美容のためだと思って一生懸命クリームや美容液を使っていた!という方は、少し控えめにしてみると、肌の調子が良くなってくるかもしれません。

また、50代の肌のたるみの解消には、再生医療による肌治療も検討してみる価値がありますよ。

トップ