トピックスtopics

膝靭帯損傷を早く治すにはどうしたらいい?


膝靭帯損傷の程度はさまざまです。そして、膝関節の痛みがどのように起きたのか、痛みを起こした原因によっては病院に行ってなるべく早く治すための治療を受けた方がいいケースもあります。

今回は膝靭帯損傷を早く治すための治療を受けた方がいいケース、そして、早く治すにはどうしたらいいのかについて紹介します。

膝靭帯損傷を早く治す方がいいケース

膝靭帯損傷と言っても症状の程度はさまざまです、なるべく早く治すための治療を受けたほうが良いこともあります。

歩けない・屈伸ができないとき

膝靭帯損傷直後、歩けない、痛めた足に体重がかけられないなどの症状がある場合は、早く治すための治療を受けた方がいいので早急に病院を受診しましょう。

受診する際は、添え木で固定し、氷で冷やしてください。湿布は患部が赤くなり診断がしにくくなったり、水疱ができて治療の妨げになったりするので使わないようにしましょう。

膝を外開きや内開きにして痛みが生じる場合

立ったり歩いたりしても痛みがない場合でも、膝を外開きや内開きにして痛みが生じる場合は、膝靭帯損傷の可能性があるので早く治すための治療を受けたほうがいいです。

膝靭帯損傷を早く治す治療法は再生医療!?

膝靭帯損傷に対する再生医療とは、損傷した膝関節に自身の幹細胞を培養して投与し、ダメージを受けた部分の再生を促す治療です。体への負担が少なく、治療のスピードを速める効果も期待できることから、膝靭帯損傷を早く治す治療方法を探している人にもおすすめです。

ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

膝靭帯損傷を早く治すために効果的な食事


症状によっては早く治療を始める必要がある膝靭帯損傷ですが、より早く治すためには、食事に気をつけることも大切です。

膝靭帯損傷といったケガの回復を早める食事のコツは、普段の4分の3に食事量を減らすことです。ケガをすると体を動かすことができませんから、エネルギー消費量が少なくなります。いつもの量を食べると、体重や体脂肪が増加して膝関節に負担をかけてしまうことになり、回復が遅れてしまうので注意しましょう。

食べ物では、タンパク質やビタミン、ミネラルの豊富な食材がおすすめです。膝関節には、コラーゲンの多い食品がおすすめで、スペアリブや鶏ガラスープ、貝類、牛スジなどが回復を助けてくれます。

まとめ

膝靭帯損傷の症状はさまざまですが、早く治すための治療を受けた方がいい場合は、歩けない、屈伸ができないなどの症状が目安です。こういった場合は、早めに病院を受診して治療を始めてください。膝靭帯損傷を早く治すために効果的な食事も併せて取り入れるといいでしょう。

治療方法としては、治療のスピードを速めてくれる再生医療も検討してみてはいかがでしょうか。s

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ