トピックスtopics

ビタミンを用いた肌の再生が期待できる治療方法


ビタミンが美肌に良いということは周知の事実です。ですから、ビタミンが豊富に含まれた食べ物やサプリメントなどで美肌を目指している方も多いと思いますが、実は病院やクリニックなどでもビタミンを用いた治療をすることができるのです。

その方法とは、一体どのような治療方法なのでしょうか。

今回は、ビタミンを用いた肌の再生が期待できる治療方法を紹介したいと思います。

ビタミンの内服や外用薬によって肌を再生する方法


しみや肝斑の治療によく用いられるのが、ビタミンの内服や外用です。

内服や外用治療は保険内で治療ができることから、金銭的な負担が軽く、初めて美容皮膚科や美容クリニックを利用する方におすすめです。

内服薬

内服としては、シミのもとになるメラニンを生成するメラノサイトの働きを抑える作用のあるトラネキサム酸(トランサミン)があります。

このトラネキサム酸をビタミンCやビタミンEと一緒に処方してもらえます。

他には、ビタミンB5のパントテン酸が配合されたシナールなども処方されます。

外用薬

外用では新しい皮膚を再生する効果が期待できるクリーム「ビタミンA誘導体のトレチノイン」を処方してもらえます。

トレチノインは、古い角質を除去するピーリング作用があるので、肌の生まれ変わる周期(ターンオーバー)を正常化させることができます。

ターンオーバーが正常化すると、皮脂の分泌が抑えられニキビや毛穴の開きが改善したり、美白効果や老化防止効果が期待できるなど、美肌を目指すことができます。

ビタミンの点滴注射によって肌を再生する方法

美容クリニックには、さまざまな点滴のメニューが用意されています。その中から、細胞の再生促進効果で美しい肌を目指すことができる点滴を紹介します。

美肌を目指せる点滴には、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンCなどが配合されています。配合するビタミンによって、それぞれの肌の悩みに合った効能を発揮します。

水光注射という方法もある!

注射といっても、水光注射で利用する針は極細の針なので、痛みや出血などは少ないです。

スタンプのように注入していく方法で、美肌成分をダイレクトに注入することができるというメリットがあります。

肌の悩みに合わせて、ビタミンをはじめアミノ酸やプラセンタ、ボトックスなど、肌の再生に有効な成分を組み合わせて注入していきます。ハリ、ツヤ、キメ、乾燥、くすみ、小じわなど、さまざまな肌の悩みの解消が期待できます。

まとめ

ビタミンという成分は、美容には欠かすことができない成分です。食べ物やサプリメントで摂ることも大切ですが、内服薬や外用薬、点滴、注射など、クリニックではさまざまな方法でビタミンを補う治療を行っています。

ビタミンを用いた治療で肌の再生を期待したい!という方は、クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

トップ