トピックスtopics

自然治癒システムを利用した肌再生医療


巷には肌の悩みに合わせたさまざまな治療方法やケア方法が溢れています。

ただ、自分で行うスキンケアではなかなか効果が得られませんし、美容整形のような外科的療法には抵抗がある人も多いと思います。

そこで取り入れたいのが、自然治癒に近い肌再生医療です。この記事では、その肌再生医療について詳しく説明します。

自然治癒システムを利用した肌再生医療とは?


肌の再生医療とは、肌細胞注入療法や血小板注入療法を用いた治療方法です。

自身の肌細胞や血液を使って行う方法で、本来人間に備わった自然治癒力を高め、自力で肌を若返らせるという最新のアンチエイジング法とも言えます。

肌細胞注入法では自身の肌細胞を使い、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、徐々に肌を再生させて肌の悩みを解決へと導きます。

血小板注入療法では、自分自身の血液中の血小板を使用します。血小板の中には、成長因子である細胞を活性化させる成分が含まれており、肌細胞を活性化させる能力もあることが分かっており、肌の再生医療として用いられています。

こちらも、肌細胞がコラーゲン繊維を作り出し、徐々に肌を再生していくという、自然治癒システムを利用した治療方法です。

自然治癒システムを利用した肌再生医療はどんな肌の悩みに適しているの?

肌再生医療の治療範囲は以下のとおりです。

・目の下のクマやシワ
・顔のたるみ
・ほうれい線
・上まぶたのくぼみや三重まぶた
・口元のシワ

このような加齢に伴う肌の悩みが、自然治癒システムを利用した肌再生医療に適しています。

自然治癒システムを利用した肌再生医療の安全性

自身の肌細胞や血液を利用した肌再生医療は、従来の美容治療であるコラーゲンやヒアルロン酸注入のように、アレルギー反応や感染といった副作用のリスクが低いので安心して治療を受けることができます。

特に、血小板注入療法は、潰瘍の治療などにも用いられていますし、インプラント治療などにも使用されています。

このように、再生医療の自然治癒システムは、安全性の高さからさまざまな分野で活用されています。

まとめ

本来人間に備わっている自然治癒力を高めて肌を再生していく肌再生医療は、どんなケアをしても肌の悩みが改善しなかった方や、美容整形の外科的治療に抵抗がある方におすすめのです。

特に、加齢に伴う肌の悩みを持つ方には、期待できる治療方法です。

肌細胞や血液を使うと聞くと、副作用や危険性が心配ですが、むしろ自身の細胞や血液を使うことによって、アレルギー反応や感染症といったリスクが低減するので安全性は高いです。

肌の悩みを自然に解決したいと考えている方は、ぜひ肌再生医療を試してみてはいかがでしょうか。

トップ