トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 自家細胞による再生医療で若返る!?その仕組みやメリットを解説

自家細胞による再生医療で若返る!?その仕組みやメリットを解説


自家細胞による再生医療という若返り方法に注目が集まっています。

自分自身の細胞を培養して増殖させ、年齢を感じさせる部位に移植する治療法のことで、自家細胞は若返りなどの美容分野にはもちろん、怪我や病気の治療としても用いられています。

今回は、自家細胞による再生医療で肌が若返る仕組みやメリットについてご紹介します。

自家細胞による再生医療が注目される理由


自家細胞を使った肌の再生医療が注目されているのは、老化の原因そのものにアプローチしているからです。

見た目の老化は肌細胞の減少により起こります。特に老化による影響が出やすいのは顔です。年齢を重ねると誰でも目元、口元、額などシワやたるみが目立ってきますよね。

多くの人は顔の老化をごまかすために様々な努力をしています。念入りな保湿やシワを取り除くクリーム、顔のエクササイズ、マッサージ、ヒアルロン酸やコラーゲンの注入などです。

しかし、これら方法は一時的に若さを取り戻すことはできても、老化の原因そのものにはアプローチできません。

現時点で、老化の原因そのものにアプローチでき、失われた肌細胞を増やすことができるのは自家細胞を用いた肌の再生医療だけです。

自家細胞を使った再生医療の仕組み

自家細胞による再生医療は、失った肌細胞を増やすことで若返りを可能にします。

その方法は、加齢の影響が出ている箇所に自分自身の細胞を注入するだけです。目の下のクマ、まぶたのくぼみ、目元や口元のたるみ、しわ、ほうれい線などといった悩みを根本的に解消する効果が期待できます。

自家細胞を再生医療に使うメリット

自家細胞を再生医療に使うメリットとしては、治療効果が長く継続するという点が挙げられます。

コラーゲンやヒアルロン酸注射では他人や動物のものを入れていたため、体内で異物として処理されてしまいます。そして、異物扱いされると短期間で体外に排出されてしまうため、効果も持続しにくいです。

しかし自家細胞は、自分自身の細胞ですから異物扱いされにくく、長く皮膚に定着することができます。また採取して培養した肌細胞を凍結保存することで、将来も若返り治療が可能になります。

まとめ

自家細胞による再生医療は、老化の原因を根本的に解消する治療方法です。見た目の年齢が気になり始めた時、自分の細胞があれば若返ることができるというのは魅力的ですよね。

加齢の影響で悩んでいる方だけでなく、若いうちに細胞をとり、将来のために保存している人もいます。関心をお持ちの方は、専門の医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。

トップ