トピックスtopics

若い人でもAGAになる!AGAの若年性脱毛症とは?


AGAについて調べていると、若年性脱毛症という言葉をよく目にしますが、「若年性脱毛症ってどういう意味?」「AGA=若年性脱毛症なの?」という疑問をもっている人もたくさんいるのではないでしょうか。

そこで、ここではAGAの若年性脱毛症とはどういったものかについて、また、若年性脱毛症になる人の割合などについて、詳しく紹介します。

AGAの若年性脱毛症と壮年性脱毛症とは


AGAについて調べると若年性脱毛症という言葉がよく出てくるので、AGAは若年性脱毛症のことと思っている人もいるかもしれません。

しかし、AGAには、若年性脱毛症だけではなく壮年性脱毛症があります。

AGA年齢によって分けると、若年性脱毛症と壮年性脱毛症があって、若年性脱毛症20代から30代のAGAの人、壮年性脱毛症は40代から50代のAGAの人を指します。

AGAの若年性脱毛症の割合

日本人男性全体のうち、AGA(男性型脱毛症)になる人の割合は30%くらいと言われています。

ですから、日本人男性の3人に1人くらいの割合の人がAGAになっていることになります。

こうした調査は長年実施されていて、以前から現在まで30%くらいという割合にほとんど変化はありません。

また、AGAの若年性脱毛症に注目してみると、20代が6%くらいの人、30代が12%くらいの人が発症しています。

若年性脱毛症の割合だけをみると、少ないと感じる人もいるかもしれません。

しかし、全体で3人に1人くらいの割合で発症していることを考えると、20代、30代のうちから予防しておくことが大切であることがわかり、少しでも兆候が見られる場合は早めに治療を検討するべきです。

若年性のAGAになってしまったら…専門医のカウンセリングを受けよう

AGAの若年性脱毛症はそのままにしておいても自然と治ることはありません。AGAを改善していくためには、症状を把握して症状に合った予防や治療が必要になります。

セルフチェックすることで抜け毛の多さや見た目の薄さなどはある程度チェックすることができても、頭皮環境などを詳しくチェックすることはできません。

そのため、セルフチェックをして薄毛や抜け毛の多さが気になった場合は、病院やクリニックなどの専門医に相談してカウンセリングを受けることがオススメです。

まとめ

AGAの若年性脱毛症について紹介しました。

若年性と言われる20代、30代の場合はAGAの症状が軽度である場合は多く、早めに予防や治療をすることで改善することが期待できます。

改善するためには、正しい方法で予防や治療をおこなうことが大切なので、自己流でおこなうのではなく専門医にカウンセリングをしてもらい、アドバイスを受けることをオススメします。

トップ