トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • AGAの予防や治療は若いほど効果が期待できるって本当?

AGAの予防や治療は若いほど効果が期待できるって本当?


若い年代でAGAになると、予防や治療を後回しにしてしまいがちですが、若いうちに正しい予防や治療を行えば高い効果を期待することができます。

ここでは、なぜAGAの予防や治療は若いほど効果が期待できるのかという理由や、専門家に相談することの大切さについて紹介します。

AGAの予防や治療が若いほど効果が期待できる理由


毛髪が新たな毛髪をつくり出して成長させているのは、毛根の毛母細胞です。この毛母細胞が生きている間はAGAの正しい予防や治療を受けることで回復していくことが期待できます。

しかし、逆を言えば毛母細胞が死んでしまったら、どのような予防や治療を受けたとしても症状が回復することは期待することができなくなってしまうということになります。

毛母細胞は、年齢が若いほど生きている可能性が高いので、AGAは若いうちに予防や治療を始めた方が、それだけ効果が期待できます。

また、AGAは時間の経過と共に着実に進行していくものなので、毛母細胞が生きていたとしても進行がかなり進んでいってしまっていると効果があまり期待できなくなってしまったり、時間や治療費用が多く必要になったりしてしまいます。

毛髪の寿命について

AGAの予防や治療を若いうちにした方がよい理由は、毛髪や毛根の寿命とも大きく関係しています。人の生命に寿命があるのと同じように毛髪や毛根にも寿命があります。

人の毛髪は毛根からつくり出されていて、1本の毛髪の寿命は2年から6年くらいで、寿命がくると抜けてしまいます。しかし、毛髪が抜けてしまっても、また同じ毛根から新たに毛髪がつくり出されて成長していくというのをくり返していきます。

毛根の寿命とAGAの関係性とは

このように、毛髪は2年から6年くらいのサイクルで生え変わっているのですが、毛根にも寿命があって、人が生きている間に毛髪が抜けても、毛根がまた新たに毛髪をつくりだし生え変わるというサイクルを繰り返すことができるのは15回くらいと言われています。

AGAは毛髪のこのサイクルが異常に早くなっている状態で、1年未満のサイクルになってしまっているケースもあります。そのまま放っておくと、短い年月で15回くらいのサイクルが終わって、毛根に寿命がきてしまうことになります。

毛根に寿命がきてしまうと、毛髪は二度と生えてきません。そうならないためにも、AGAは若いうちから予防や治療をおこなっていくべきなのです。

まとめ

AGAの予防や治療は若いほど効果が期待できる理由について紹介しました。

AGAに若いうちになってしまっても、恥ずかしいという気持ちもあって医師に相談しない人もたくさんいるでしょう。

しかし、AGAは正しい治療をしていくことで改善することが期待できるものですし、早めに予防や治療を受けることで期待できる効果も高くなるので、早めに医師に相談してみると良いでしょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ