トピックスtopics

AGAの原因を知って正しい対策をしよう


AGAを改善するためには、AGAの原因を知って正しい対策をすることが大切です。

ですから、AGAで悩んではいるけれど原因はよくわかっていないという方は、まずは原因を知っておくことが必要です。

AGAの原因と対策法を紹介します!


そこで、AGAの主な原因や対策について紹介していきます。

AGAの原因DHTとは

AGAを発症する主な原因にはDHTが大きく関わっているといわれています。

DHTとはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種で、このDHTが毛乳細胞という毛髪をつくりだす役割のある細胞と結びつくと、ヘアサイクルを乱して、育毛や発毛を損なわせてしまいます。

DHTはテストステロンという男性ホルモンが5aリダクターゼという特殊な酵素によって変換されることでつくられます。

5aリダクターゼが活性化するのが大きな原因と考えられていて、活性しやすいかどうかは遺伝が大きく影響しているといわれています。

ですから、AGAを改善していくためには、AGAの原因となっている5aリダクターゼの活性化を抑制させる治療を行うのが対策になります。

ストレスがAGAの原因になる

AGAの主な原因はDHTだと考えられますが、他にもいろいろな要素が原因となることもあります。

その代表的なものの一つがストレスです。ストレスを溜め込んでしまうと血液の流れが悪くなってしまい、頭皮へきちんと栄養が行き届かなくなってしまいます。

実生活でストレスをまったく受けないようにするというのは現実的ではないので、上手にストレスを解消することがAGAの原因となるストレスへの対策となります。

自分へのご褒美として美味しいものを食べたり、趣味の時間などリラックスする時間を確保したりして、できるだけストレスを溜め込まないように工夫しましょう。

睡眠不足もAGAの原因になる

睡眠不足も毛髪の成長に大きな影響を与えます。睡眠不足になると血液の流れが悪くなってしまいますし、寝ている間に分泌される成長ホルモンもしっかりと分泌されなくなってしまいます。

ですから、慢性的に睡眠不足だという人はそれを解消することがAGAの原因を取り除く対策になります。

また、睡眠不足だけではなく、睡眠の質も大切なので、なるべく同じ時間帯に睡眠をとることも大切です。さらに睡眠の質を上げるためにも寝る直前までパソコンやスマホの画面を眺めないようにしましょう。

まとめ

AGAの原因や対策について紹介しました。

AGAは発症すると着実に進行するので、進行させている原因をきちんと把握してその原因を取り除く対策をすることが必要です。

遺伝など仕方がない原因はあっても、日常生活を改善することで対策できる部分もあります。どうしても気になるという場合は、専門医に相談するのも良いでしょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ