トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • プロペシアは効果ないってほんと?効果が現れる期間ってどれくらい?

プロペシアは効果ないってほんと?効果が現れる期間ってどれくらい?

プロペシアといえば、AGA(男性型脱毛症)の特効薬として現在広く使用されていますが、その効果に疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。特に薄毛が気になっている人であればあるほど「プロペシアの効果ってどれくらいの期間で現れるものなのだろう?」と気になるもの。そこで今回は、プロペシアの効果が現れるまでの期間を解説していきます。

プロペシアの効果ってどれほど?

AGA(男性型脱毛症)に使用されるプロペシア。配合されている有効成分はフィナステリドで、結果的に強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制し減少させます。まずは、なぜプロペシアが薄毛に効果があると言われているのかを解説します。

プロペシアは元々「前立線肥大症の治療薬」

プロペシアに含まれている有効成分、フィナステリド。今でこそ、薄毛に効果的な治療薬として使用されていますが、元々は前立線肥大症の治療薬として流通していました。ですが、前立腺肥大の治療を行なっている人の中に副作用として毛髪に影響が出ている人が現れました。これこそが、フィナステリドが薄毛の治療薬として注目を集めた理由です。その後、研究が進み薄毛の治療薬プロペシアとして流通しました。

プロペシアの効果が現れるまでの期間はどれくらい?

プロペシアを服用して効果が現れるまでの期間はどの人も同じではありません。期間には個人差があります。

 

  • 3ヶ月で効果が現れた!
  • 半年で薄毛が改善できた!
  • 1年かかったけど、プロペシアの効果はあった!

 

上記のようにプロペシアによる効果を実感している人は多いです。口コミの評価などをまとめると半年程度で効果を感じている人が多いことがわかりました。

プロペシアに効果なし?期間は関係ない?

ただ、一方で、プロペシアの効果を実感することができないという人の声もあります。

 

  • どれだけプロペシアを服用しても効果を実感することができなかった
  • 1ヶ月服用してみたけど、効果は実感できなかった
  • 薄毛が改善するどころか、抜け毛が増えたので使用は断念

 

中には、1年程度使用しても効果を実感できないという人もいました。また、抜け毛が増えてしまったという声もあります。

実は、プロペシアを服用したとしても効果が現れないのは以下のような理由があります。

 

  • 薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)ではなかった
  • 服用する期間が短すぎた
  • 初期脱毛の時点で服用するのを断念してしまった

 

それぞれの理由について簡単に解説します。

プロペシアの効果を実感できない理由①AGAではない

プロペシアに含まれているフィナステリドは、薄毛に有効な治療薬というよりもAGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛に効果のある治療薬です。逆をいえば、AGA以外が原因の薄毛には効果を発揮してくれません。つまり、プロペシアで効果を実感できない場合薄毛の原因がAGAでない場合があります。自分で薄毛の理由を特定するのはとても難しいです。通常プロペシアは医師の処方によりもらうものですが、自分で入手する方法もあります。つまり、自分で購入した上に効果を実感できないのであれば医師に相談するのがおすすめです。

プロペシアの効果を実感できない理由②服用期間が短い

プロペシアを服用してAGA(男性型脱毛症)への効果を実感するためには、ある程度の期間服用し続ける必要があります。AGAはヘアサイクルの乱れを引き起こす薄毛の原因です。プロペシアはその乱れの原因になるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制します。つまり、ヘアサイクルの乱れを整えて薄毛を克服するのですが、ヘアサイクルが整うまでにだいたい3ヶ月程度かかります。したがって、1ヶ月程度の期間プロペシアを服用しただけでは効果を実感するのは難しいのです。最低でも継続して3ヶ月以上はプロペシアを服用する必要があります。

プロペシアの効果を実感できない理由③初期脱毛に驚き

プロペシアを服用すると、ヘアサイクルの乱れが整うので一時的に脱毛症状が引き起こされます。その抜け毛量には個人差がありますが、通常の抜け毛の2倍〜3倍になってしまうとも言われています。抜け毛が気になっているのに、自分の髪の毛が抜けてしまっては驚くに違いありません。初期脱毛のことが気になる場合はクリニックの医師に相談しながらプロペシアの服用期間を調節してみましょう。

プロペシアの効果が現れるまでの期間は?

プロペシアは、男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素である5aリダクターゼが結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)になるのを阻害します。AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTを減少させるので、結果AGAを抑制できる治療薬です。その効果が現れるまでの期間は、一般的に3ヶ月〜半年と言われています。なぜそれが現れる期間になるのかというと、乱れたヘアサイクルが整うまでの期間だからです。また、先ほども説明したように治療の過程で初期脱毛を引き起こす可能性もあります。ですが、プロペシアで治療したいのであれば気にせず治療薬の服用を習慣化させる必要があります。プロペシアが効かないと悩む人が多くいますが、効かないのではなく飲む期間が少ないのです。ただ、初期脱毛は誰でも気になるものですよね。ですので、初期脱毛が気になる場合にはまずは医師に相談してみましょう。

【比較】プロペシアとフィンペシアは効果期間に違いがある?

プロペシアは基本的に医師に処方してもらう必要がありますが、ジェネリック医薬品はたくさんのものが販売されています。中でも人気が高いのがインド製のプロペシアジェネリックの「フィンペシア」です。安く購入することができると話題ゆえよく見かけるのではないでしょうか。有効成分はプロペシアに配合されているフィナステリドが配合されており、ジェネリックなのでほぼ同じです。フィンペシアは医師の処方ではなく個人輸入を行なって入手しますが、錠剤で飲む数などもかわりませんし、結論だけ申し上げますとプロペシアとフィンペシアに違いはほぼありません。また、どちらも同じフィナステリドを配合しているため、生え際の薄毛治療の際には効果を発揮しにくい傾向があります。話題のジェネリックゆえに注目を集めてはいるものの、結果として有効成分に対して違いはないので効果期間に関してはあまり変化はありません。

プロペシアとフィンペシアどっちがいいの?

結果、程度の期間は継続的にプロペシアとフィンペシアを飲まなくてはいけないのは同じです。そうなると、結果的にどちらが良いのかと気になる人も多いでしょう。おすすめは、医師に処方してもらうことができるプロペシアです。場合によってはプロペシアといった錠剤などの内服薬だけでなくミノキシジルといった外用薬なども処方してもらうことができるので、より短い期間で効果を実感することができるでしょう。

プロペシアの効果期間をぐっと縮める?!PRP注入治療がおすすめ

プロペシアは医師の監視下である程度の期間服用すれば、効果を実感できるものですが、医師から処方してもらう医薬品のためある程度の副作用の危険性があります。より安全に薄毛の治療を行いたいのであれば、再生医療の「PRP注入治療」がおすすめです。育毛メソセラピーやHARG療法のように頭皮に直接注入して治療を行う療法ですが、リスクに違いがあります。

PRP注入治療の高い効果や安全性

育毛分野で現在高い効果を発揮してくれる治療法といえば、HARG療法です。薬剤と幹細胞から抽出した成長因子を頭皮に注入して改善していきます。幹細胞を抽出するときに、自分のものを必ず使うのではなく他人のものである場合があります。完全に自分の体外のものを注入するとなれば副作用の危険性を伴うのです。それに比べPRP注入治療は、自分から採取した血液を利用してPRPを抽出し、頭皮に注入するので副作用のリスクはほとんどありません。PRPを注入することで成長因子が頭皮のサイクルを活性化してくれるため薄毛に高い効果を発揮してくれます。さらに、自分の血液を使用するため拒絶反応といった危険性も少なく比較的安全です。

PRP注入治療にはメリットが多い

PRP注入治療をおすすめする理由はその安全性や高い効果だけではありません。他にもメリットがあるからです。

 

1. 自分の血液を使用するため安全性が高い

2. 通院回数は少ない

3. 男女問わず治療可能

4. 注入なので頭皮にまんべんなく浸透する

5. プロペシアなどの飲み薬と併用しやすい

 

上記のようなメリットがあり、効果は大体2~3か月程度で実感することができます。また、プロペシア服用時と同様に注入後2~3週間頃まではヘアサイクルが整う関係で一時的に脱毛します。気になる程脱毛してしまう場合には、医師に相談してみましょう。

PRP治療を受けられない人もいる

PRP治療は、未成年でも親の同意書があれば行うことができるほど安全性の高い治療法です。ただし、以下のような人は治療を受けることができません。

 

  • 妊娠している人
  • HIV感染症の人
  • 肝機能障害の人
  • 腎機能障害の人
  • 脾機能亢進症の人
  • 門脈圧亢進症の人
  • 自己免疫疾患の人
  • 悪性腫瘍がある人
  • 甲状腺に異常がある人
  • ウイルス性疾患がある人
  • 骨髄機能が低下している人
  • 自己免疫性溶血性貧血の人
  • 血小板異常の疾患がある人
  • 頭皮にアレルギー疾患などがある人
  • 貧血クエン酸ナトリウム水和物にアレルギーがある人

 

また、発熱している場合なども受けることができないので当日熱の可能性がある場合は医師に相談しましょう。他にも、治療薬を服用している場合PRP治療が受けられない可能性があるので同様に医師に相談してください。

プロペシアの効果期間は3ヶ月〜半年!安全に治療するなら再生医療で

プロペシアはミノキシジルと同様に薄毛を改善する治療薬として活躍してきました。ある程度の期間継続して服用すればAGAに対して効果もあります。ブログなどでその情報を発信している人も多いですが、これらの効果を感じる期間に関してはばらつきがあります。作用の高いプロペシアですが、女性や子供にとっては危険な成分ゆえに使うのを悩んでいる人もいます。その間に2年、3年と月日がすぎてしまうのはもったいないです。そこで、より効果を実感できる方法としてPRP注入治療法があります。リスクもあまり気にすることなく安心して専門病院で治療を受けることができるのでおすすめです。プロペシアも効果は高いですが、まだ治療法を検討している人はPRP注入治療で安心してお得に治療することを検討してみてはいかがでしょうか。このサイトでは薄毛に悩んでいる人が安全に治療する方法を見つけるための情報や、薄毛に役立つ関連情報を提供していきます!一緒に健康的に薄毛を改善していきましょう!

 

PRP注入治療について詳しくはこちらから

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ