トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 野球選手に多い肘の手術「クリーニング手術」とは?

野球選手に多い肘の手術「クリーニング手術」とは?


野球選手のようなアスリートは体を酷使してしまうので、手術が必要になるようなケガをしてしまうこともあります。野球選手の場合、特に肘のケガが多いのではないでしょうか。

今回は、野球選手の肘に行うことがある手術の1つ「クリーニング手術」について解説します。また、スポーツ医療の分野でも注目が集まっている再生医療の可能性についても紹介します。

野球選手の肘に行う「クリーニング手術」とは?

「クリーニング手術」とは、関節内に遊離している骨片や骨棘などの物質を取り除くための手術です。いわゆる「関節ねずみ」を取り除く手術のことです。

この手術を受けずに関節ねずみを放置すれば、将来的にさまざまなトラブルに発展する恐れがあります。

野球選手が関節内の遊離体を放置することのリスクについて

肘や膝の関節内の遊離体を放置することには、第一に「関節に痛みが生じる」というデメリットがあります。遊離体が関節にひっかかることで痛みが出ますし、挟まった位置や遊離体の大きさなどによっては、かなり強い痛みを感じることもあります。

第二に「関節の可動域が減少する」というデメリットがあります。歯車や車輪に異物を噛ませるとそれ以上回転させられないのと同じように、関節に挟まった遊離体は関節の可動域を狭めてしまいます。肘や膝を一定以上曲げることができなれば、腕や脚の動作に問題を生じることになります。

第三に「関節の障害をもたらす可能性がある」というデメリットがあります。遊離体が関節内の炎症や骨・軟骨の損傷の原因になる可能性は否定できず、症状をより重くしてしまう可能性もあります。

野球選手の肘治療に対する再生医療の可能性


遊離体が関節内を移動している、またはロッキングなどの症状がみられる場合にはクリーニング手術を必要としますが、そうでない場合もあります。

関節ねずみの初期の段階では、遊離体ではなく軟骨や骨棘が剥離している状態の場合もあり、この場合には「保存療法」が選択されることも多いです。

しかし、保存療法は安静期間が長く必要ですし、症状の改善が見られないまま何か月も経過し、結局は手術に踏み切るというケースも珍しくありません。保存療法による回復の見込みがあるのであれば、「再生医療」という選択肢も有効といえます。

再生医療は骨や軟骨などの損傷に対して、幹細胞などを利用して組織の修復を促す治療法です。治療にかかる期間が短くなる可能性があり、早期にスポーツに復帰したいアスリートにとってメリットの大きな治療法となります。

まとめ

野球選手の肘の治療に行うことが多い「クリーニング手術」について紹介しました。

クリーニング手術が必要になる「関節ねずみ」の場合、最も効果的な治療については実際に検査をしてみないとわかりませんが、再生医療が役立つ可能性があることは事実です。

保存療法による安静期間を少しでも短縮できる可能性に賭けたいのであれば、再生医療を治療の選択肢の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ