トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 野球選手の肘が曲がらない悩みも改善!?再生医療に注目!

野球選手の肘が曲がらない悩みも改善!?再生医療に注目!


野球選手は腕を酷使するため、腕に関するさまざまなスポーツ障害に見舞われやすいです。なかには「肘が曲がらない」という症状に悩む野球選手も多く、このような症状があると野球の参加が難しくなってしまいます。

そこで、野球選手の肘が曲がらない原因や治療法について解説します。

また、最近注目を集めている再生医療についてもご紹介します。

野球選手の肘が曲がらなくなる原因は?


野球によって肘が曲がらなくなってしまうのは、基本的に「肘を使いすぎている」ことが原因です。野球では投球などの動作で肘を酷使しますが、十分なケアをせずに肘を酷使し続けると肘関節に負担がかかり、肘関節の障害をもたらしてしまいます。

そして、野球によって肘が曲がらなくなる原因としては、以下の障害が考えられます。
・変形性肘関節症
・肘関節遊離体
・野球肘

診断は、肘のロッキングや痛みなどの症状の聞き取りと、レントゲン検査で判断されますが、このような障害が発生すると肘の動きが制限されるだけでなく、肘の痛みなどの症状を呈するケースが多いです。

野球選手の肘が曲がらないときの治療法とは?

野球をすることが原因で肘が曲がらなくなっているため、野球を本格的に続けることはできません。まずは、肘の安静を確保することが大切です。

治療方法は、症状によって異なりますが、軽度な場合には「保存療法」が選択され、痛みなどの症状に対しては薬物療法や温熱療法による軽減を行います。

肘の可動域が生活に支障をきたすレベルの場合、また、保存療法では痛みを十分に軽減できない場合などは、手術が選択されるケースがあります。

手術を行うことで重度の症状でも治療できる可能性がある一方、内容次第では野球選手としての選手生命に致命傷を受ける可能性も否定できません。

野球選手の肘が曲がらない悩みも改善できる!?再生医療に注目が集まっています

肘の可動域を改善し、肘の痛みを軽減するための新しい治療法として「再生医療」が注目されています。再生医療は特別な細胞を利用することにより、骨や軟骨、靭帯などの組織の修復を促す治療法です。

メリットは、大掛かりな手術を必要としないことと、従来の治療法よりも短い安静期間で治療できる可能性があることです。野球選手やアスリートにとって重要なポイントであり、スポーツ医療の新しい可能性として注目されています。

まとめ

肘が曲がらないという症状は、野球選手にとってつらいものですよね。また、野球選手としてだけでなく日常生活にも大きな問題となってのしかかってきますから、軽症のうちに対処していきましょう。

重症化してしまった場合、治療法の1つとして再生医療に注目が集まっています。再生医療は、メリットの多い治療法として多くの野球選手に重宝されることでしょう。

スポーツ外傷・障害の痛みは
手術しないで
再生医療で治す時代です。

  • スポーツへ早期に復帰したい
  • ステロイドを使いたくない
  • 慢性化した痛みや、捻挫などの外傷や腱鞘炎を早く治したい

こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ