トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • ゴルファーの首の痛みはストレッチで予防と改善!再生医療にも注目

ゴルファーの首の痛みはストレッチで予防と改善!再生医療にも注目


首が痛むと、首に関係するスポーツの実施や日常生活にも悪影響を及ぼすことになります。

ゴルファーの中にも首の痛みを訴える人は多く、予防と痛みの改善は万全のパフォーマンスを維持するために重要なことです。

そこで、ゴルファーの首の痛みに効果的な「ストレッチ」について解説します。また、痛みを改善できる最新の治療法として注目が集まっている再生医療についてもご紹介します。

ゴルファーの首の痛みの原因とは?


ゴルファーの首の痛みの原因はいくつか考えられますが、代表的なものは「スイング時の頭の固定」です。

スイングする際には地面のボールを見て打ちますが、その際にボールを見ることに固執しすぎてしまい、首への負担が大きくなるようなスイングの仕方をしてしまう可能性があります。

その結果、首の筋肉を痛めてしまい、首の筋肉と密接にかかわる頭部や肩の痛みに発展することがあるのです。

首の痛み対策に効果的なストレッチを紹介します!

首の痛みを予防し、軽度の痛みを改善する効果が期待できる方法として「ストレッチ」があります。

首のストレッチのやり方

Step1:首を前後左右に傾ける
*無理に力を入れず、頭部の重みだけで首を傾けるイメージで行ってください。

Step2:首を左右に旋回させる
*無理に力を入れてスピーディーに行おうとせず、ゆっくりとほぐすように首を旋回させましょう。

Step3:首を左右に大きく回す
*Step2の時よりもさらに大きく回すようにしましょう。

首に密接に関係する肩回りのストレッチも併せて行うと、首の痛み対策としてより効果的になります。

ストレッチで首の痛みを感じる場合は要注意!

ストレッチは痛みの予防には大きな効果を発揮しますが、すでに発生している痛みへの対策としては逆効果になる可能性があります。

軽くストレッチして痛みが改善しない、あるいは痛みが激しくなった場合にはストレッチをすぐにやめて、医療機関で診てもらってください。

「頚椎症」などを発症している可能性も考えられます。

首の痛みが改善しない場合は再生医療も視野に入れる

ゴルファーの首の痛み対策として、「再生医療」という選択肢も検討することができます。

再生医療は幹細胞を利用し、損傷している組織の再生を促す治療法であり、従来は手術でしか治せないとされていた症状も治療できる可能性があります。

首の痛みに対する治療が必要な場合、「保存療法」が選択される場合も多いですが、再生医療は保存療法よりも短い安静期間でスポーツに復帰できる可能性がある点も無視できません。

まとめ

ゴルファーの首の痛みは日ごろからストレッチで予防し、正しいフォームを心がけることでリスクを減らすことができますが、それでも発症リスクはゼロにはなりません。

首の痛みが発生してしまうと、ゴルファーの場合は、ゴルフができなくなるというだけでなく日常生活にも支障をきたす場合がありますから、早く改善したいですよね。

最近は、治療法として再生医療も検討できます。治療法の選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

スポーツ外傷・障害の痛みは
手術しないで
再生医療で治す時代です。

  • スポーツへ早期に復帰したい
  • ステロイドを使いたくない
  • 慢性化した痛みや、捻挫などの外傷や腱鞘炎を早く治したい

こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ