トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • マラソンランナーの膝の痛みは再生医療で改善できる!?

マラソンランナーの膝の痛みは再生医療で改善できる!?


膝の痛みがあると、日常生活はもちろん、膝を酷使するスポーツの実施には大きな問題になります。

マラソンランナーにとっては死活問題であり、膝の痛みを抱えたままでは万全のパフォーマンスを維持することは難しいです。

そこで、マラソンランナーが膝の痛みを改善する方法について解説します。

マラソンランナーの膝の痛みの原因

マラソンランナーが膝に痛みを覚える原因は、例えば以下の症状が挙げられます。

・変形性膝関節症
・半月板損傷
・ランナー膝
・ジャンパー膝
・鵞足炎

これらの症状は、膝のオーバーユースを原因としていることが多く、ランニングを行うマラソンランナーにとっては切っても切れない関係にあるといえます。

マラソンランナーが膝の痛みを改善する方法


マラソンランナーが膝の痛みを改善したいのであれば、第一に「休息をとる」ことです。原因が何であれ膝の使いすぎが原因となっている可能性が高いため、まずは膝の安静を確保し、炎症があればアイシングなどで対応します。

次に「ランニングフォームを見直す」ことです。特定の向きに負荷がかかりやすいランニングフォームを見直し、症状の悪化や再発を防止します。

他にも「筋トレやストレッチを行う」ことや「ランニングシューズを見直す」ことも、膝の痛みが再発するのを防止するのに役立ちます。

治療を受けることも検討しよう

上記の方法で痛みが改善しないのであれば、医療機関で診てもらい、適切な治療を開始する必要があります。

手術を必要とするケースもありますが、多くの場合は第一選択として「保存療法」が選択されます。保存療法とは患部の安静を確保し、対症療法などを中心に組み合わせて症状の進行を防止する治療法です。

この治療法で数か月~数年の治療期間を経て完治する場合もありますが、症状が重い場合は痛みの軽減すらできないケースもあります。その場合には、手術によって治療できる可能性があります。

マラソンランナーの膝の痛みは再生医療で手術なしの改善が目指せます

保存療法では完治させることが難しく、しかしながら手術を受けることには抵抗を感じるという場合には「再生医療」という選択肢が残されています。

再生医療は幹細胞などの力によって損傷した組織の修復を促す治療法で、マラソンランナーなどスポーツ選手の膝の痛みを改善する効果が期待できます。

また、再生医療は保存療法よりも治療期間を短縮できる可能性があり、手術なしで早期のパフォーマンス回復を目指すマラソンランナーにとってメリットの多い治療法となります。

まとめ

再生医療はまだまだ新しい治療法ではありますが、すでに有名スポーツ選手が再生医療を利用した実績もあります。

マラソンランナーなど陸上選手にとって膝の痛みは致命的になるケースも多く、早期のスポーツ復帰を目指すのであれば一考したいところです。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ