トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • マラソンランナーの膝の痛みの原因とは?再生医療で治療可能?

マラソンランナーの膝の痛みの原因とは?再生医療で治療可能?


走ることが命であるマラソンランナーにとって「膝の痛み」は致命的です。

我慢して走っても症状を悪化させるだけであり、原因の特定と治療を進めることが必要不可欠となります。

そこで、マラソンランナーの膝の痛みの原因について解説します。

膝の痛みが出やすい部位とその原因について

マラソンランナーの膝の痛みは、具体的に「膝のどこが痛むのか?」によって、ある程度の原因を特定することができます。

膝の外側の痛み

マラソンランナーの膝の外側の痛みは「ランナー膝」が原因であると考えられます。膝の使いすぎにより発症するもので、主な症状としては腸脛靱帯が炎症を起こしているということが挙げられ、その炎症により痛みが生じます。

膝の内側の痛み

マラソンランナーの膝の内側の痛みは「鵞足炎」が原因であると考えられます。着地の際に足の内側に体重がかかる走り方をしていることが主な原因であり、ダッシュや登坂時に膝の内側が痛みやすいです。

膝の皿周辺の痛み

マラソンランナーの膝の皿周辺の痛みは「ジャンパー膝」が原因である可能性が考えられます。ランニングフォームが前傾姿勢になっている人に好発し、坂道を下る際などに痛みが出やすいという特徴があります。

膝全体の痛み

マラソンランナーの膝全体の痛みは「変形性膝関節症」や「半月板損傷」が原因であると考えられます。膝関節の軟骨や半月板が痛んでいることで、さまざまな場面で膝に痛みを生じます。

マラソンランナーの膝の痛みの対処法にはどんな方法がある?


マラソンランナーが膝の痛みを訴える場合は、ひとまず運動を中止し、医療機関を受診して原因を究明し、適切な治療を開始することが重要です。

膝関節や周辺組織の損傷が主な原因であるため、運動を中止しなければ症状が悪化する可能性が高いです。

治療方法は症状次第ですが、「保存療法」あるいは「手術」によって治療することになるでしょう。具体的な期間は症状次第ですが、当面は本格的なランニングはお休みして治療に専念する必要があります。

マラソンランナーなどのアスリートの膝の痛みには再生医療という選択肢もある!

マラソンランナーに限らず、アスリートにとって本格的なスポーツから離れる期間が長いことは、パフォーマンスの低下につながることになってしまいます。

早期のスポーツ復帰を目指したいと思いますが、医師から指示された安静期間を無視すれば症状の再発や悪化は回避できません。

もし、少しでも短期間で完治させられる可能性に期待したいのであれば「再生医療」という選択肢があります。

再生医療は幹細胞を利用することで、損傷している靭帯や軟骨の再生を促す新しい治療法です。従来の保存療法と比較して治療期間を短くできる可能性があり、スポーツ選手にとって注目すべき治療法となっています。

まとめ

マラソンランナーにとって、万全の状態でランニングができないことは非常に大きな問題です。

少しでも早く復帰したいと考えているのであれば、再生医療で膝の痛みを治療するという選択肢についても検討してみてはいかがでしょうか。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ