トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 陸上選手の膝裏の痛みの原因と再生医療による治療について

陸上選手の膝裏の痛みの原因と再生医療による治療について


陸上選手は体の使い方が一般人よりもハードであるため、体の各所を酷使してケガをしてしまう可能性があります。

「膝」の症状を訴えるケースも多く、特に膝裏の痛みがあると何らかのケガを疑ってしまいますよね。

そこで、陸上選手の膝裏の痛みの原因について解説します。また、その痛みを改善するための再生医療についても紹介します。

陸上選手の膝裏の痛みの原因は?

陸上選手の膝裏の痛みの原因はいくつか考えられますが、主に以下の状態が考えられます。

・変形性膝関節症
・靭帯損傷
・膝関節捻挫
・関節リウマチ
・ベーカー嚢腫

「変形性膝関節症」は、膝軟骨がすり減って炎症が起こる病気で、痛みの他に腫れや関節の変形などの症状をもたらします。

「靭帯損傷」は、強い力が加わることで膝の靭帯が損傷している状態で、膝裏の痛みは「
後十字靭帯」が損傷していることが考えられます

「膝関節捻挫」は膝をねじるなどの強い力が加わったときに関節周辺の筋肉などが損傷する状態で、強い痛みを伴います。

「関節リウマチ」は、免疫系の異常により関節内の滑膜にリンパ球などが集まり、慢性的に炎症を起こしている状態です。

「ベーカー嚢腫」は、膝の関節包の裏側に袋状の構造物が発生し、その内部に液体が溜まっている状態です。

そして、陸上選手が膝裏の痛みを感じているという場合、膝への負荷を原因とした「変形性膝関節症」や「靭帯損傷」などが強く疑われます。

陸上選手の膝裏の痛みの治療にはどんな方法がある?


陸上選手の膝裏の痛みの原因が膝の酷使による骨や靭帯などの損傷であれば、保存療法や手術が選択されることが多いです。

どちらの治療法を選択するにしても、当面はスポーツで万全のパフォーマンスを発揮することはできず、安静を確保しなければなりません。

保存療法で治癒する場合もありますが、その間は消炎鎮痛剤などで痛みへの対症療法を施す必要があり、痛みへの対策は必要不可欠となります。

特に保存療法が奏功しない場合は、従来は手術しか選択肢がなく、スポーツ復帰のために手術を受けても失敗のリスクによる選手生命の致命傷を受けてしまうリスクもゼロではありませんでした。

陸上選手の膝裏の痛みの改善には治療期間が短い再生医療を検討してみては?

陸上選手に限ったことではありませんが、アスリートの皆さんは早くスポーツの現場に復帰し、万全のパフォーマンスで競技に臨みたいところでしょう。

そんな人におすすめなのが「再生医療」です。

再生医療は損傷している組織の修復を促す「幹細胞」を利用し、手術なくして変形性膝関節症や靭帯損傷の治療に奏功する可能性を持つ治療法なのです。

保存療法では十分な効果を得られず、しかしながら手術という選択肢は避けたいという陸上選手にとって、魅力ある選択肢になります。

また、治癒までの期間を短くすることも可能なので、少しでも早くスポーツに復帰したい陸上選手にとっては、検討してみる価値がある治療法だと言えます。

まとめ

再生医療は、従来の治療法では不満が残る人にとって魅力的な新しい治療法であり、注目が集まっています。

陸上選手などアスリートにとって膝裏の痛みは、パフォーマンスを低下させるとともに、日常生活における生活の質を低下させる原因になりますから、再生医療も治療の選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ