トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 陸上選手の膝蓋軟骨軟化症が治るまでどれくらい?治癒を早めるための再生医療に注目!

陸上選手の膝蓋軟骨軟化症が治るまでどれくらい?治癒を早めるための再生医療に注目!


陸上選手がケガをすると、症状次第では当面のスポーツ参加はできず安静を確保する必要があります。

膝蓋軟骨軟化症も治療に際して膝の安静が必要ですが、果たしてどれくらいの間スポーツに参加できないのか不安になるのではないでしょうか。

そこで、陸上選手が膝蓋骨軟化症を発症した場合、治るまでにどのくらいかかるのかについて解説し、治癒を早めるための再生医療について紹介します。

膝蓋軟骨軟化症が完治するまではどれくらいかかるの?


膝蓋軟骨軟化症に限らず、病気やケガが治るまでの期間は個人差があります。

膝蓋軟骨軟化症の場合、初期の段階であれば保存療法が奏功し、数か月~1年の安静期間で完治するケースもありますが、一方で重症化している場合、数年の保存療法継続でも奏功せず、最終的に手術を受けることになったというケースもあります。

膝蓋軟骨軟化症が治るまでの間は安静の確保が必要

膝蓋軟骨軟化症の治療法は、手術する場合を除けば「保存療法」が一般的で、理学療法や薬物療法を行い、痛みを改善しつつ膝の安静確保とリハビリを継続することになります。

その間、陸上選手に限ったことではありませんが、膝の痛みの原因となるような運動は、当面中止しなければなりません。痛みを抑えながら復帰する人もいますが、当然、治るまでは万全のパフォーマンスを発揮することはできません。

膝蓋軟骨軟化症の症状と日常生活への影響とは?

膝蓋軟骨軟化症の症状は「膝の痛み」です。

特に膝の前方に痛みを感じやすく、痛みの程度は症状の重症度によって大きく異なります。

・軽度:運動時や歩行時にときどき膝の痛みや不安定感を感じる
・中程度:運動時や歩行時に高い頻度で膝の痛みや不安定感を感じる
・重度:安静時にも疼痛を自覚するようになる

このように軽度であっても歩行時に痛みや膝の不安定感を覚えるため、日常生活にも少なからず悪影響を及ぼし、「生活の質」を下げることになります。

例えば、日常生活の中では「階段を上るとき」や「椅子から立ち上がるとき」のように、膝を曲げ伸ばしする動作の際に痛みや違和感があることが多いです。

再生医療で早期のスポーツ復帰が可能に!?

陸上選手に限らず、アスリートであれば誰もが「早く万全の状態でスポーツに復帰したい」と考えるでしょう。

そんな悩みに応えるのが「再生医療」という新しい治療法の選択肢です。

再生医療は損傷した組織の修復を促す治療法であり、大掛かりな手術を必要とせず、治療期間の短縮を目指せる可能性がある治療法です。

痛みを改善し、早期のスポーツ復帰を目指したい陸上選手にとって大きなメリットのある治療法になります。

まとめ

再生医療は、すでに有名なスポーツ選手が利用した実績もある治療法です。

そして、膝蓋軟骨軟化症の症状に悩み、治るまでの期間をなるべく短くしたい陸上選手にとって、再生医療は無視できない治療法だと言えます。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ