トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 水泳選手に見られる反張膝とは?改善するには再生医療を

水泳選手に見られる反張膝とは?改善するには再生医療を


皆さんは「反張膝」という症状をご存知でしょうか?

聞き慣れない症状だと思いますが、ある業界ではよく知られている症状であり、一方で大きなトラブルを引き起こす可能性がある症状でもあるのです。

そこで、反張膝の原因や放置すると起こり得るトラブルなどについて解説します。

水泳選手に見られる反張膝とは?


「反張膝(はんちょうしつ)」とは、膝の過伸展のことです。

わかりやすく説明すると、通常はまっすぐ立つ姿勢だと膝の角度はまっすぐになっているのですが、何らかの原因で膝が前方方向に過剰に曲がっている状態のことを反張膝といいます。

水泳選手にとって反張膝は才能の1つ!?

反張膝にはさまざまな原因がありますが、水泳選手は反張膝と深いかかわりがあると言われています。

まず、水泳選手には反張膝の選手が少なくありません。

これは水泳選手特有の「重力の影響の少ない水中という環境下での反復練習」によるものが考えられます。

一方で、反張膝は水泳選手にとって「才能の一種」であるとも言われているのです。

理由としては、バタフライ泳法などで用いられる、いわゆる「ドルフィンキック」などの動作において、可動域が通常よりも大きくなることで水をとらえられる範囲が広くなり、速く泳ぐことに寄与しているとされています。

ある研究によると、反張膝の水泳選手にテーピングを施して膝の可動域を制限したところ、水泳速度は有意に低下したとされています。

水泳選手にとって反張膝は悪影響なの?

水泳選手にとって反張膝は良い影響をもたらすとされており、実際に水泳の有名選手には反張膝を持つ人も少なくありません。

しかし、反張膝は決して良い影響のみをもたらすわけではありません。

反張膝は通常よりも歩行時などに膝への負担が大きくなり、膝の変形や靭帯の損傷などの弊害をもたらす可能性が高くなるのです。

こうした影響は反張膝の状態が長いほどに蓄積する傾向にあるため、大きな障害を抱えてしまう前に反張膝を改善することが必要になります。

水泳選手の反張膝治療には再生医療!

反張膝を患うと、日常生活における膝への影響が大きく、最終的に歩行や日常生活における大きな障害となる可能性があり、そうなれば、水泳選手としての活動にも大きな支障をきたすことになるのです。

反張膝の改善方法としてはサポーターを装着してのリハビリが有効ですが、すでに発生している膝関節の変形や靭帯の損傷に対しては「再生医療」を用いることをおすすめします。

再生医療は自身の細胞を利用しての治療となるため、拒絶反応などの危険性は無く、体への負担を最小限に抑えながら反張膝による障害を治療することができます。

まとめ

反張膝は水泳選手にとってメリットがある一方で、選手生命や日常生活に悪影響を及ぼす可能性がある症状であることがわかります。

反張膝は自分ではなかなか気が付くことができませんが、誰かに指摘される等で反張膝であると自覚したら、早目に対処すること、再生医療を検討することをおススメします。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ