トピックスtopics

アスリートの肩の痛み対策に再生医療が有効です


体を酷使する上、体の異常が選手生命に大きな問題となるアスリートの中には、肩を酷使して痛みを感じている人も少なくありません。

肩の痛みは万全な状態でのスポーツを邪魔し、日常生活にも悪影響を及ぼします。

そこで、アスリートの肩の痛み対策におすすめの「再生医療」について解説します。

肩の痛みが出やすいスポーツとは?


肩の痛みが出やすいスポーツとして「野球」が挙げられます。野球は投球の際に腕を大きく振る動作を行うため、肩への負担がかかりやすく、「野球肩」と呼ばれる症状があります。

同様の観点からバレーボールやテニス、水泳などの競技でも肩を痛めやすいです。

他には、選手同士の衝突が多いアメフトやラグビー、肩の負担が大きいベンチプレスなどでも肩を痛めやすく、痛みの症状が出るリスクが高いです。

肩の痛みの対処法について

アスリートの肩の痛みは、肩に何らかの異常が発生している可能性が高いです。

治療法として選択される方法は症状次第ですが、第一に「保存療法」が挙げられます。肩の安静を確保し、痛みや炎症を抑えるための消炎鎮痛剤の使用やステロイド剤の注射を行う、また、温熱療法や超音波療法などを用いる場合もあります。

第二に「手術療法」が挙げられます。

手術は、骨や関節、筋に損傷がみられる場合、完治させる方法として選択されます。保存療法とは異なり根本的な治療となりますが、体への負担が大きい点がデメリットとなります。

アスリートの肩の痛み対策には再生医療という新しい選択肢もある!

アスリートの肩の痛みを改善する治療法の新しい選択肢として「再生医療」が注目されています。

再生医療は体の再生を促す細胞を患部に注射することで、低負担かつ早期の回復が見込める治療法です。

保存療法は治療にかかる期間が長くなりますが、再生医療は短期間で回復を見込めるというメリットがあり、早期に肩の問題を解消し、万全な状態でスポーツに復帰したいアスリートにおすすめの治療法となっています。

大掛かりな手術を必要としませんので、手術には抵抗を感じるという人でも利用しやすい治療法として注目を集めています。

なお、有名な野球選手の中には再生医療を用いて肩の問題を解消したという人も多いです。

まとめ

再生医療は比較的新しい治療法であり、日本ではまだまだマイナーな部類に入る治療法だといえます。

しかし、アスリートにとってメリットの多い治療法である再生医療は、肩の痛みを解消して万全な状態でのスポーツ復帰を目指すための重要な選択肢となるでしょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ