トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • アスリートの腰痛対策として再生医療に注目が集まっている理由とは?

アスリートの腰痛対策として再生医療に注目が集まっている理由とは?


体を酷使するアスリートにとって、「腰痛」は無視できないトラブルの1つです。

腰痛対策のためにアスリートが講じている方法はさまざまですが、近年、「再生医療」という新しい治療法に注目が集まっています。

そこで、今回は、アスリートの腰痛対策として再生医療に注目が集まる理由について解説します。

アスリートの腰痛対策として再生医療に注目が集まる3つの理由とは?


アスリートの腰痛対策として再生医療に注目が集まっている理由を3つご紹介します。

1.治療の際の体への負担が少ない
アスリートの腰痛の根本的な解消のためには「手術」を選択しなければならないケースもあります。

特に腰痛の原因となっている疾患や異常が重症化している場合、強く痛みが生じることでアスリートとしての活動だけでなく、日常生活にも支障が出るため早期の手術が必要になるケースもあります。

しかし、手術は患者さんの体への負担が小さくなく、手術の結果次第ではアスリート生命に悪影響を及ぼす可能性も捨てきれません。

再生医療は患者さんの脂肪や血液などを採取する必要はありますが、大掛かりな手術を必要とせず、患部に注射を行うだけです。

再生医療は腰痛の原因となっている腰の異常を回復し、腰痛を軽減する方法として効果が高いと同時に、体への負担を考慮できる治療法になります。

2.治療期間を短縮できる
保存療法を選択する場合、患部の安静を確保した状態で数か月の治療期間を要することが多いですが、その間、患部の痛みも続きますから、消炎鎮痛剤などを利用して痛みを軽減する治療を並行して行う必要もあります。

何より、長い治療期間を必要とする治療は万全な状態でのスポーツへの復帰に大きな障害となります。

しかし、再生医療は症状の回復を促す治療法であり、従来の治療法よりも早く症状の回復が可能になるケースが多いので、少しでも早くスポーツに復帰したいアスリートにとって大きなメリットになります。

3.アレルギーや拒絶反応などのリスクが無い
幹細胞を利用した再生医療は、患者さん自身の脂肪や血液に含まれている成分を利用します。

要するに他の人から臓器等の提供を受けるわけでも、医薬品などを投与するわけでもないため、アレルギーや拒絶反応などのリスクがある方法ではないのです。

こうした副作用は日常生活において悪影響を及ぼすだけでなく、症状次第ではアスリート生命にも大きな影響を及ぼすことになります。

患者さん自身の細胞を利用する再生医療の場合、こうしたリスクを心配することなく腰痛の治療を進めることができるのです。

まとめ

再生医療はアスリートにとってメリットが多く、世界中の有名アスリートが再生医療を利用している実績もあります。

日本ではマイナーな部類の治療法ではありますが、腰痛に悩んでいるアスリートの方は、対策・治療法の選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ