トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 若ハゲの原因は何気ない普段の行動にあり!?今すぐに改善するための方法とは

若ハゲの原因は何気ない普段の行動にあり!?今すぐに改善するための方法とは

朝起きると、枕に抜け毛がたくさんくっついてる。 お風呂の排水溝も詰まりやすい。 最近、抜け毛が多い気がする。 まだまだ薄毛にはほど遠い年齢のはずなのに、なぜだろう。 そう感じはじめている人は、もしかしたら若ハゲが進行しているかもしれません。 若い年齢でも起こりうる薄毛を若ハゲと呼びます。 今回は、その若ハゲはなぜ起こるのか、また起きてしまった後のケアや今後の予防策などを詳しく紹介します。 ぜひチェックしてみてください。

若ハゲは10代から30代までの年齢層を指す

薄毛は高齢になってくると起こるイメージを持たれている人は多いと思います。 ですが、最近では10代から30代の若年層で薄毛に悩む人が増えていることをご存知でしょうか。 30代までに薄毛が発症することを若ハゲ(若年性脱毛症)と呼ばれています。 薄毛は、AGA(男性型脱毛症)という、思春期以降に発症する脱毛症で、ゆっくりと進行していくのが特徴です。 男性だけではなく、女性もFAGA(女性男性型脱毛症)という脱毛症があります。 AGA、FAGAの初期症状はいくつかあり

 

  • 抜け毛の量が多くなってきた。
  • 髪が柔らかく、ハリがなくなってきた。
  • 髪が細くなり、コシがなくなってきた。

 

以上の3つなどを感じ始めることがあれば、何かしら進行している可能性があります。

若ハゲになってしまう原因

普段、学校や仕事へ行くなど、何気ない生活を送るなかでいたって健康なのに、なぜ髪だけが抜けやすくなるのでしょうか。 若ハゲになってしまう原因、理由はなにか、探っていきましょう。 若ハゲなどの脱毛症は、日本では男性の3人に1人、女性の10人に1人が悩んでいると言われています。 若年層に起こる薄毛は、高い年齢層で起こる薄毛の原因を総合的に発症してしまうからです。 AGA・FAGAを発症する原因として、

・ストレス

学校や職場などでの人間関係や環境からの肉体的ストレスや精神的ストレス、心理的ストレスなどを受けることによって頭皮に悪影響を与えている可能性があります。

・ホルモンバランスの乱れ

生活習慣の悪化やストレスから、ホルモンバランスが乱れることによってジヒドロテストステロンという脱毛しやすくなる、悪玉男性ホルモンが増加することによって薄毛になることがあります。 特に女性は生理周期でホルモンバランスが乱れやすいため、髪が抜けやすくなることがあります。

・生活習慣

若年層の若ハゲの原因で多いのは生活習慣の悪化です。 睡眠不足や無理なダイエットなど、体に負担をかけていることで抜け毛にもつながる可能性があります。

頭皮の血行不良による若ハゲ

髪は頭皮の毛穴から生えていますが、頭皮の血行不良が起きてしまうと、頭皮環境が悪化し、若ハゲになる可能性があります。 では、頭皮の血行不良はどうして起こるのでしょうか。 主な原因のひとつは、ストレスです。 ストレスは体にさまざまな症状を引き起こす可能性があります。 ストレスによって自律神経が乱れると、血行不良になりやすくなるため、頭皮環境も悪化していきます。 皆さんがよく言われる毛根。 この毛根とは、皆さんがイメージする髪の根っこの部分ですが、正しくは「毛球」と言われるそうです。 この毛球が、毛穴の中で毛細血管から栄養をもらいながら、髪を育てていきます。 血行不良になると、髪に栄養を送ることができなくなったり、頭皮の皮脂量の異常分泌や減少したりすることによって、髪を生やしたり維持することができなくなていきます。 それによって、抜け毛や薄毛になり、若ハゲにつながっていきます。 血行不良を防ぎ、頭皮環境を維持することで若ハゲが改善する可能性があります。

栄養不足による若ハゲ

髪の毛は毛細血管から毛球へと栄養を送られることで、生える、育つ、休む、抜けるという一連の流れ(ヘアサイクル)を頭皮の中で繰り返しています。 人の栄養は、食生活のなかから補っていますが、偏った食事を続けているとバランスの取れていない食生活になり、髪に必要な栄養素が髪に届きにくくなることで、正常なヘアサイクルができなくなっていきます。 髪の主な成分は、タンパク質・ミネラル・ビタミンと言われています。 タンパク質は大豆や大豆製品(豆腐、豆乳、納豆など)から補うことができます。 ミネラルは海藻類(わかめ、昆布、ひじきなど)から、ビタミンは野菜や果物から補うことができます。 これらの成分は、髪だけでなく体にも良いので、健康のためにも積極的に取り入れたいところですが、毎日の食生活には難しいと感じることもありますよね。 そんな時は、健康に良さそうな食品を1品加えることからはじめてみましょう。 スーパーやコンビニで、サラダやお惣菜を選ぶことで簡単に健康に良さそうな食事ができます。 また、栄養を補う方法はサプリメントの併合もあります。 バランスの取れた食生活にプラスアルファとしてですが、簡単に気軽に栄養を取ることができます。 健康的な食生活を続けることが大事ですので、気軽に続けられる方法で栄養を補うことが重要です。

遺伝による若ハゲ

若年層のAGAやFAGAは遺伝によって引き起こす可能性もあります。 AGAやFAGAは、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(脱毛酵素)によって起こります。 男性も女性も、男性ホルモンと女性ホルモンを持ち合わせています。 本来は育毛、発毛を誘発する女性ホルモンの分泌が減少し、それと相まってジヒドロテストステロンを分泌することで、育毛、発毛が阻害されてしまいます。 それにより、ヘアサイクルも大きく変化してしまいます。 髪の毛球の先端に、髪の毛のもとになる「毛母細胞」、その毛母細胞に包まれながら髪の毛の成長を促したり止めたりする「毛乳頭」というものがあります。 この毛母細胞と毛乳頭によって、ヘアサイクルが作り出されているのです。 毛母細胞の分裂回数は、ジヒドロテストステロンを分泌することで減ってしまいます。 しかし、遺伝による若ハゲはどうしようもないと諦めてはいけません。 遺伝するのは「若ハゲになること」ではなく、「若ハゲになりやすい体質」なだけです。 日々の体調管理に気を付け、ホルモンバランスを維持することで、薄毛を抑制できる可能性があります。

紫外線による若ハゲ

紫外線も若ハゲの原因のひとつとして注目されています。 目には見えない紫外線ですが、毎日降り注いでいます。 紫外線には2種類あり、UVAとUVBと言います。 UVA(紫外線A波)は、4月から8月にかけてピークを迎えますが、それ以外の月は半分以上の紫外線量があるため、年間を通して降り注いでいます。 UVB(紫外線B波)は、4月から少しずつ増えはじめ、8月ごろまでがピークですが、10月から3月ごろになると比較的放射量が少ないのが特徴です。 紫外線によるダメージは肌の日焼けや乾燥のイメージを持つ人が多いと思いますが、頭皮や髪もダメージを受けています。 頭皮や髪に紫外線が降り注ぐと、ダメージが加わり、それが蓄積されていくことで頭皮の日焼けや乾燥、髪のパサつきや枝毛、抜け毛や薄毛などになることがあります。 露出している肌は紫外線によって赤くなったり熱をもったりなどで気づきやすいですが、頭皮は髪でおおわれているため気づきにくいため、紫外線を浴びた後のケアや対処が遅れてしまうことが多くなります。 そのため頭皮が炎症を起こしていると、毛球の毛母細胞にもダメージを受けてしまい、若ハゲへとつながってしまうのです。

喫煙による若ハゲ

タバコの煙は体には良くないということは、皆さんがご存知のことと思います。 最近では、タバコのなかの有害物質は、薄毛になる原因とも考えられています。 タバコの煙には、ニコチンと一酸化炭素が含まれています。 ニコチンは血管を収縮させる働きがあるため、頭皮の毛細血管が収縮し、血流が悪くなることで頭皮環境が悪化します。 そのため、頭皮の毛細血管からの栄養が髪に行き届かず、髪が育たなくなってしまいます。 また、髪の育成に欠かせないとされているビタミンもこのニコチンによって破壊されてしまうため、毛球が育たず薄毛に関係すると考えられます。 次に、一酸化炭素は酸素よりもヘモグロビンと結びつきやすいことから、血流には問題なくとも、頭皮が酸欠を起こしやすくなります。 そのため頭皮環境が悪化され、抜け毛や薄毛につながってしまうのです。

運動不足による若ハゲ

毎日の生活習慣のなかで、食事や睡眠、ストレスなどに気をつかっていても若ハゲが気になるのは、運動不足も関係している可能性があります。 運動不足と聞くと肥満を連想しやすいと思いますが、薄毛にも関係していると言われています。 運動不足になると体内の血流を悪くしてしまいます。 そのため、頭皮の毛細血管からの栄養が送りにくくなるため、髪の育成に響いてしまいます。 また運動不足は自律神経にも支障をきたすことがあります。 自律神経はホルモンバランスとも関係しているため、自律神経の支障でホルモンバランスが乱れ、それにより頭皮の皮脂の異常分泌や乾燥などを起こし、薄毛につながる原因にもなります。 薄毛に良い運動は、筋トレよりも有酸素運動が好ましいと言われいます。 有酸素運動の効果が期待できることは、全身の血流が良くなることです。 血流が良くなることで、頭皮の毛細血管から髪への栄養が行き渡りやすくなり、健康な髪の育成をすることができます。

シャンプーによる若ハゲ

毎日のシャンプーの洗髪の仕方によって、血行不良や頭皮環境の悪化、毛球の活力の低下などが起こる可能性があります。 シャンプーをきちんと泡立てずに、少ない泡で頭皮を摩擦すると頭皮が傷つき、髪のキューティクルもはがれてしまいます。 頭皮が傷つくことによって乾燥やフケ、炎症を起こすなど、頭皮環境が悪化してしまい、髪が育つ環境が壊れてしまいます。 シャンプーをする前は、シャワーでしっかりとすすぎ洗いをすることがおすすめです。 シャワーのすすぎ洗いだけでもある程度の汚れが取れますので、シャンプーも泡立ちやすくなります。 シャンプーをたくさん泡立てようと、シャンプーのつけすぎは頭皮や髪にはかえって良くありません。 頭皮の上で泡立てきれなかったシャンプーが頭皮や毛穴に残り、頭皮トラブルが起きやすくなります。 シャンプーは自分の髪の量に合わせた適量を使用し、頭皮をマッサージしながら行うように心がけてみると、優しい洗いあがりになります。 シャンプーの仕方を見直すことで、若ハゲの予防や改善にもつながる可能性があります。

若ハゲをはやく改善・対策するために絶対やるべきこと

若ハゲに気づいても、まだ薄毛を心配する年齢ではないと勘違いし、そこまで心配にならずに放置されがちなのが、この若ハゲの怖さなんです。 若ハゲはそのまま放置し、普段と変わらない生活を送り続けると悪化する可能性があります。 再び気づいた時には・・・。こんなこともあり得ます。 若ハゲに気づいたら、「改善・対策するために絶対やるべきこと」を行うのをおすすめします。

若ハゲ用のスカルプシャンプーを使う

皆さんは、毎日使っているシャンプーは自分の頭皮や髪に合ったシャンプーをしっかり選んでいますか? 若ハゲに気づいたら、進行の予防や改善の効果が期待できる、頭皮や髪に優しいシャンプーを選びたいですよね。 実は、男性と女性とでは、頭皮や髪質が違うのをご存知でしょうか。 男性は女性よりも頭皮の皮脂が多く、男性ホルモンの影響で薄毛になりやすくなっています。 一方、女性は頭皮の皮脂はそれほど多くはありませんが、カラーやパーマをかける頻度が男性よりも多いことから、髪のトラブルが起きやすいです。 すなわち、男性は頭皮トラブル、女性は髪トラブルを引き起こしやすいと言えます。 スカルプシャンプーは頭皮や髪のケア、特化したシャンプーで、若ハゲ用シャンプーと言っても過言ではありません。 自分に合ったスカルプシャンプーを選び、頭皮や髪の対策を行いましょう。 でも、ただスカルプシャンプーで洗ったからと言って対策ができているとは限りません。 正しいシャンプーの仕方で洗髪しましょう。 頭皮を意識して優しくマッサージをするように洗います。 洗い終わり、シャワーですすぐ際は、洗っていた時間の3倍の時間をかけて、すすぎ残しがないようにしっかりとすすぎましょう。 正しいシャンプーの仕方を習慣化させ、頭皮環境を清潔に保つように心がけることが大切です。

適度な運動を心がける

適度な運動も若ハゲの予防やケアには大切です。 普段、通学や通勤、買い物などで体を動かしていますが、それだけでは足りない場合があります。 車や電車、バスやタクシー、エスカレーターやエレベーターなどの利用で運動量が減っている傾向にある現代社会。 そのため運動不足気味になっている人が増えていると言われています。 運動はしなさすぎなのは良くありませんが、やりすぎも良くありません。 激しい運動をし、疲れたら健康体になるわけではないんです。 では、適度な運動とはどの程度の運動のことを言うのでしょうか。 それは、日常生活の中で20分程度を目安に、意識して体を動かすと良いと言われています。 例えば、通学や通勤を早歩きする、自転車に乗る、なるべく階段を使うなど、できるだけ体を動かしてみましょう。 目的地までのながら運動でも交通機関などを利用するときよりも筋肉を多く使うため、十分運動ができていると言えます。

育毛剤を使う

若ハゲの改善、対策をするために、育毛剤の利用がとても人気があります。 育毛剤を利用することで、血行が促進され髪の毛が抜けにくくなったり、生えたりします。 実際に、育毛剤の利用で今までの悩みが解消され自信をもてたなんてことも。 育毛剤はドラッグストアなどにたくさん商品として売っていますのでチェックしてみてください。 適当な育毛剤を利用するのではなく、しっかり情報収集と使い方を理解して進めることが大事です。 自分にあった育毛剤を試してみてはいかがでしょうか。

再生医療のクリニックに相談する

若ハゲを改善する最も効果的な方法として、再生医療クリニックで治療を受けることが有効です。 再生医療は最近かなり注目されており、人気の治療法でもあります。 薄毛はいろんな治療法がありますが、どれも副作用があるため懸念する人が多いのも事実。 その理由は、実際に再生医療はどの治療法と比べても、副作用がなく皆さんにとっても安心できる治療だから。 自分自身の血液を頭皮に注入することで、強い効果を発揮し、副作用もなくすことができます。 もし、若ハゲに悩みに悩んでいるのであれば、実際に相談、治療を受けてみてはいかがでしょうか。 若ハゲ対策としてはとても効果的です。

まとめ

いかがでしたか? 若ハゲが気になりだした人、これから心配という人にも分かりやすくまとめてみました。 自分の頭皮や髪と相談しながら、若ハゲのケアや対策をしてみてはいがかがでしょうか。

トップ