トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 髪の毛が予想以上に抜ける20代の女性は意外と多いって本当!?その対処法とは

髪の毛が予想以上に抜ける20代の女性は意外と多いって本当!?その対処法とは

男性だと髪の毛が抜けてハゲるというのは、よく見かける光景のため納得いくはずです。 しかし、女性の場合も同様に抜け毛が多すぎて薄毛になってしまう可能性があることをご存知でしたでしょうか。 それも50代や60代ではなく、若い20代で髪の毛が抜けすぎて薄毛になる可能性もあるんです。 そこで今回は、20代で髪の毛が予想以上に抜ける女性が意外と多い理由と、最新の対策法を考えていきましょう。

本来なら30代を過ぎると髪質が変化し抜け毛が増えてくる

皆さんは、どのタイミングで髪の毛の質が変化し、抜け毛が増えてくるのかを知っていますか。 実は最近、30代を過ぎると男性も女性も髪質が変わってしまい、抜け毛が増えてしまう傾向にあります。 30歳を超えて肉体的に衰えた、なんて思う人もいますがまさに髪の毛もそれに当てはまります。 女性に関して言えば、出産や過酷なダイエットをすることで髪質が変化してしまうことも。 髪の毛に必要な女性ホルモンが不足し、抜け毛の原因へとなってしまいます。 ですから、10代や20代でも状況によっては髪質が変化し抜け毛が増えてしまうというわけです。

薄毛に悩む20代の女性が増えている現状

では、あらためてなぜ20代の女性が薄毛に悩まされるのでしょうか。

ストレスをためすぎている

ストレスをためこむと、男性も女性も体に異変をきたしてしまいます。 仕事などのストレスにより自律神経が乱れ、血行の流れが非常に悪くなり頭皮や地肌にも影響します。 また精神的不安定な状況が続くと腹痛や不眠、食欲不振など明らかに体に悪い方向に向かってしまうことにも。 ですがストレスをためたくないと思っていても、勝手にそうなってしまうためとてもやっかいなものでもあります。 そんな環境がずっと続いてしまうと、頭皮や髪の毛にまで悪影響を及ぼし抜け毛の原因となってしまうわけです。

毎日同じ髪型ばかりしている

髪の毛が短い男性であれば、毎日同じヘアスタイルでも問題はありません。 なぜなら髪の毛が短いからこそ、髪の毛に一切負担がないからです。 ですが、女性は違います。 女性は基本的に髪の毛が長いため、ヘアスタイルによっては薄毛になる原因を作っています。 人気のポニーテールや、お団子ヘアなど髪の毛を強くひっぱるようなものを多く続けていると、そこだけに負担がかかり髪の毛が抜けてしまいます。 さらにロングヘアも薄毛の原因になります。 ロングヘアの場合、髪の毛が多く重みによって無理な力が働いてしまいます。 その結果、髪の毛が引っ張られてしまい多く抜けてしまうというわけです。

出産直後

女性はさまざまなタイミングで妊娠や出産を経験します。 そのときに、髪の毛が明らかに減ったと気づかれることもあるでしょう。 それは、ヘアサイクルの乱れや栄養が不足し成長が止まってしまうことも原因のいちぶです。 女性ホルモンは妊娠時には増えますが、出産直後になるとかなり減ってしまい髪の毛の成長が遅れてしまうというわけです。

生活習慣が乱れている

生活習慣の乱れも薄毛の原因としてあげられます。 毎日不規則な生活をすることで、少しずつホルモンバランスが乱れ、頭皮にストレスがかかってしまいます。 偏った食生活で栄養不足になり、やはり髪の毛や頭皮に悪影響を与えてしまい悩みのタネへとなってしまいます。

過度なダイエットをしている

女性は体系が気になってしまい、どうしてもダイエットをしてしまうものです。 そのときに過度なダイエットをしたことにより、ホルモンバランスが崩れ栄養が不足し、体はもちろん、頭皮や髪の毛にまでダメージを追うことになってしまいます。 しかもやっかいなことに、ダイエットを辞めれば髪の毛が元に戻ると思われています。 実は、ひとたび毛根が弱ってしまうとなかなか本来の毛量に復活できないという落とし穴があります。 ですから、過度なダイエットで体重は落ちるかもしれませんが、髪の毛は二度と復活しない可能性もあるということを認識しておいてください。

20代の女性に多い抜け毛や脱毛の症状

女性型脱毛症

女性型脱毛症とは、その名の通り女性特有の脱毛のことを表します。 別名FAGAとも言い、女性のなかにもわずかながらにある男性ホルモンが活発化することで、薄毛や抜け毛へとなってしまいます。 基本的に女性型脱毛症は女性ホルモンをある程度保てるため、男性のようにスカスカになるということはあまりありません。 女性型脱毛症の大きな特徴としては、頭頂部から抜け毛が増え細くなってしまうことです。 男性のようにO型やM型になることはありませんが、全体的に髪の毛が細くなっているので、気になってしまうはずです。

びまん性脱毛症

男性にはない脱毛症、それがびまん性脱毛症です。 びまん性脱毛症の特徴としては、髪の毛全体が細くなってしまい、ボリュームがなくなります。 加齢という問題もありますが、過度なダイエットによってびまん性脱毛症を引き起こしてしまいます。 しかも全体的に髪の毛が少なくなっているので、どんなヘアスタイルにしても薄毛が目立ってしまいます。 結果的に、自分の年齢よりも上に見られたり服装が合わなくなったりもします。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、その名の通り出産後に多くの髪の毛が抜けてしまう症状です。 これも女性ホルモンが関係しており、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあることで、女性らしさを保てています。 出産するとそれら2つが失われたことにより、ホルモンバランスが崩れ抜け毛が増えてしまうというわけです。 分娩後脱毛症は、すぐに改善されることはありません。 しかし、半年から1年くらいすると元通りになることも多いため、時間をかければ治ることもあります。 ですが、抜け毛はもちろん慣れない育児が重なりストレスとなり、余計に治らなくなってしまうこともあります。

円形脱毛症

ごくまれに、髪の毛の量は多いのに頭に10円ほどの大きさのハゲを見かけたことがある人もいることでしょう。 これは円形脱毛症と言い、ストレスをためすぎたことによって血流が悪くなりその部分だけが脱毛してしまうというわけです。

牽引性脱毛症

髪の分け目が薄くなる現象を、牽引性脱毛症と言います。 牽引性脱毛症は、髪の毛を長い時間引っ張りすぎたために、頭皮が凝り固まってしまい血の流れが悪くなることで起きてしまいます。 例えば、ポニーテールやお団子ヘア、エクステ、編み込みなどがそれらに該当します。 かわいいからついついやってしまいがちですが、これらのヘアスタイルは薄毛になる原因ということを知っておきましょう。

20代の女性で髪の毛が多く抜けて心配になったらやるべき対策

もし20代の女性で、髪の毛が多く抜けてしまって悩んでいるのであれば、いくつかの方法で改善できる場合があります。

過度なダイエットをしないこと

女性は男性と違い、かなり自分の体系を気にしてしまうものです。 ダイエットをするのは良いですが、極限まで追い込んでしまうとホルモンバランスも体調も崩してしまいます。 結果的に頭皮や髪の毛に栄養が届かなくなり、抜け毛が増えてしまいます。 ダイエットは正しい方法で行い、食事はたんぱく質や大豆、亜鉛、鉄分など不足しないよう多めに摂取するようにしましょう。

食生活の乱れを改善すること

なるべく毎日好きなものを、好きな時間に好きなだけ食べていたい。 女性も男性も関係なく、誰もが思ってしまうことでしょう。 しかし、毎日そんなことをしている状態では確実に食生活が乱れてしまいます。 好きなものだけを食べていると、栄養素を過剰に摂取したり全然足りなかったりします。 特に皆が大好きなファストフードやジャンクフードなどの食べ物は、油分や塩分が大量に含まれているため、栄養のバランスが著しく減少してしまいます。 結果的にお腹はふくれるけれど、栄養不足で髪の毛が抜けるという悲惨な状態になってしまうというわけです。 ですから、1日3食を決まった時間に食べて、お肉や脂っこいものではなく野菜なども摂取・解消するように少しずつ心がけましょう。 また、睡眠をしっかりとることで頭髪から抜け毛の減少を防ぐことができます。

シャンプーを変えてみること

髪の毛が多く抜ける原因は、もしかしてシャンプーが合っていない可能性もあります。 そもそもシャンプーは、頭皮や髪の毛の汚れを落とし清潔に保つための成分と役割をもっています。 それなのに、さっと洗い流すだけではシャンプーの泡が残っている可能性も。 もちろん、しっかりすすぎができていない場合は、頭皮があれてしまいますし汚れが余計にたまってしまいます。 毎日洗髪しているからこそ適当になりがちなので、しっかり髪の毛や頭皮をお湯ですすぐようにしましょう。 また、最新でなおかつ香りが良いからとか高価なシャンプーだからとかで選ぶのはNGです。 万が一そのシャンプーが合っていなかった場合、無理して使い続けると頭皮に悪影響を与えてしまいます。 抜け毛が気になるのであれば、刺激の強いシャンプーは辞め、低刺激のシャンプーに変えることで予防と改善できる可能性があります。

髪の毛を引っ張るようなヘアスタイルは避けること

女性であれば、ヘアスタイルは自由に大切にしたいものです。 ですが、髪の毛をきつく縛るようなヘアスタイルはあまりおすすめしません。 それは頭皮のダメージがすさまじいからです。 また毎日同じヘアスタイルにするのではなく、こまめに変えていくことでストレスのない頭皮と髪の毛が実現できます。 健康な頭皮と髪の毛を維持したいのであれば、予防と習慣づけるようにしましょう。

まとめ

年齢を重ねると、自動的に髪の毛が細くなり薄毛にもなってしまいます。 それは高年齢の女性だけではありません。 髪の毛が多く抜ける20代の女性は、予想以上に多くいるようです。 それは過度なダイエットや栄養不足、睡眠不足、シャンプーの仕方や選び方など様々な要因があります。 気付いたときには手遅れでヤバイ、とならないように日々のライフスタイルを見直し健康的な頭皮と髪の毛を大切にケアと維持するよう注意しましょう。

トップ