トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • プロペシアの使用は危険?薄毛の治療にPRP注入治療がオススメです!

プロペシアの使用は危険?薄毛の治療にPRP注入治療がオススメです!

「最近髪の毛が薄くなってきたでも薬の使用は怖い」「プロペシアっていいっていうけど危険なんでしょ?」と薄毛の治療に一歩踏み出せない人も多いのではないでしょうか。 薄毛の原因の中でも最も多いといわれているのがAGA(男性型脱毛症)と、女性の場合はFAGA(女性型男性型脱毛症)です。 薄毛になると消極的になり、おしゃれもショッピングも楽しめない…と悩んでいる人も多いのです。

つまり、髪の毛というのはそれくらい容姿を決める上で重要なポイントにしているところなんです。 そんな薄毛の治療に使われるのがフィナステリドを有効成分としたプロペシアです。ただ、医薬品なので副作用の危険が常につきまといます。そこで今回はプロペシアの危険性や薄毛改善のためにおすすめの治療法を解説します。

ほんとに危険?プロペシアの効果とは?

漠然と「プロペシアが危険」といわれると使用を足踏みしてしまうことでしょう。ただ、プロペシアの何が危険なのかそして本当に危険なのかをその効果から紹介します。

大前提「すべての医薬品に副作用がある」

大前提ですが、プロペシアに限らず医薬品と呼ばれるものであればすべてのものに副作用の危険性がついてまわります。 それは男性だから、女性だからというのは関係ありません。医療機関で処方箋をもらって治療薬を受け取るのはそのリスクを少しでも減らすためです。 特にプロペシアが危険であるというイメージがついてしまっているのは、副作用として男性器に影響が出てしまうことや、女性の使用が危険といわれているからでしょう。 後述しますが実は実際にプロペシアに配合されているフィナステリドによって副作用が引き起こされている確率は低いんです。それでは、その効果を紹介します。

プロペシアはAGAの原因を抑制する

プロペシアはAGAに使用される治療薬です。原因は様々といわれていますが中でも大きな要因といわれているのがDHT(ジヒドロテストステロン)です。 これは、テストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合することでうまれる成分で、頭皮にあるレセプターと反応することで髪の毛のヘアサイクルを乱してしまいます。 プロペシアを服用するとDHTの原因になる5aリダクターゼを阻害する効果があるので、結果的にAGAによる薄毛を阻害することができます。 もちろん、男性ホルモンが悪いといっているわけではありません。男性ホルモンは男性の体を魅力的にするためのポイントになります。 ですが頭皮にあるレセプターの感度は人によって違いがあり感度が高いとAGAになりやすいだけです。それを意図的に阻害することができるのがプロペシアに含まれるフィナステリドの効果です。

プロペシアが危険なのか副作用を調査

特別プロペシアの危険性が心配されているのですから、副作用のリスクが高いのでは?と思うのは割と当然のことです。 実際に添付書類などには副作用のリスクや確率などが記載されていますので、それをもとに解説していきます。

プロペシアは危険?副作用が出る確率

プロペシアの副作用の出現率は943例中5例(0.5%)(引用:MSD株式会社 医薬品インタビューフォーム)でした。 数件は副作用が出てしまっているのが研究の結果のようです。ただ、1%以下ですのでほとんどの場合、医師に従っていれば副作用は現れないことでしょう。また、現れてしまった時も医師にすぐ相談することができるので安心です。

危険なものも?プロペシアで確認された副作用

続いて実際にプロペシアを服用して確認されている副作用をチェックしてみましょう。

  1 %以上 1 %未満 頻度不明
過敏症     瘙痒症、蕁麻疹、 発疹、血管浮腫 (口唇、舌、咽 喉及び顔面腫脹 を含む)
生殖器

勃起機能不全、射精障害、精液量減少

リビドー減退 睾丸痛、血精液 症、男性不妊症・ 精液の質低下 (精子濃度減少、 無精子症、精子 運動性低下、精 子形態異常等)
肝臓     AST(GOT)上 昇、ALT(GPT) 上昇、γ-GTP上 昇
その他

乳房圧痛、乳房 肥大、抑うつ症 状、めまい

   

上記のような副作用が現れています。特に男性だときになるのが、男性機能に対しての副作用ではないでしょうか。 命に係わるというよりも、男性としては不安をあおられるところのようです。そして、プロペシアが危険といわれているのはそれだけではありません。

危険!プロペシアの使用が認められていない人

プロペシアは薄毛の治療に用いられますが、危険といわれている理由には使用を認められていない人の存在もあります。 どんな人でもプロペシアを使って薄毛が改善できるわけではないんです。そこで、プロペシアを使用するのが危険な人を紹介します。

女性と子供にとってプロペシアは危険

男性の薄毛に対する効果こそ認められていますが、女性や子供に対しての安全性が認められていない治療薬です。つまり、女性や子供にとっては危険を伴う治療薬です。 特に妊娠中の女性がプロペシアを服用した場合かつおなかの子供が男の子であった場合には生殖器に影響を引き起こす可能性があります。 砕いたかけらが体の中に入ったり、触ることも危険といわれているので、男性でプロペシアを服用するのであれば女性や子供がいないところで服用しましょう。

プロペシアが男性機能にリスクを伴う理由は?

女性や子供以外でも、男性にとってもリスクとなりうるプロペシア。医薬品成分ですから確かに副作用のリスクはありますが、男性機能にリスクを伴う理由は薄毛治療薬になった経緯を見るとわかります。 そこで、なぜプロペシアを服用すると男性機能に対して副作用が現れる可能性があるのかを紹介していきます。

プロペシアはもともと前立腺肥大の治療薬だった

プロペシアに含まれているフィナステリドですが、これは元々前立腺肥大の治療薬として使用されてきました。 使用している人の中に副作用として薄毛の改善が見られた人がいたため、研究が進んだ結果現在のように薄毛の治療薬として活用されるようになったのです。 つまり、前立腺肥大症などを患っていない人が薄毛改善のためにフィナステリドを含んだプロペシアを服用すると男性機能に影響が出てしまう可能性があるんです。 今話題になっているデュタステリド配合のザガーロにも同じことがいえます。同じ効果を見込むことができるプロペシアが世に出回っていたため商用価値なしと考えられていました。 ただ、プロペシアよりも効果が高いアイテムとして今は注目を集めています。そんなザガーロも前立腺肥大の治療薬なので男性機能に関する副作用が心配されています。

プロペシアはどこで購入できる?

危険性を承知したうえで、薄毛改善のためにプロペシアを服用したいと考える人もいるでしょう。 基本的にはクリニックを受診し、医師の処方箋をもらうことでプロペシアを購入することができます。ミノキシジルなどと何ら変わりありません。 ですが、購入するにはちょっと高い…そんなときに耳にするのが「個人輸入」ではないでしょうか。実はこの個人輸入は結構危険なのです。

危険度が跳ね上がる?!個人輸入でプロペシアを購入

薄毛の治療は保険適用外のため確かに価格が高めです。少しでも安くするために個人輸入という方法をとろうと思っている人もいるでしょう。 ですが、プロペシアの個人輸入にはいくつかリスクがあります。

 

  • 副作用
  • 健康被害が起こっても自己責任
  • 全額返金制度などなし
  • 偽物のリスクあり

 

プロペシアは日本だけでなく世界中の薄毛の人に人気の治療薬です。つまり、人気ゆえに偽物などの販売も行われているのです。 ただ、素人がプロペシアが偽物であるとみわけるのは至難の業です。フィナステリドが配合されていない場合もあれば、むしろ基準値以上の量が配合させている場合もあります。 何より怖いのが、個人輸入によって副作用が現れた場合や、全く効果が表れなかったとしても何の保証もないのです。 つまりすべてを自己責任で行う必要があるため、危険性がより上がってしまいます。もちろんすべての商品がプロペシアでないわけではありません。 普通のプロペシアの場合もあるのですが、危険と分かっている橋をわざわざわたる必要はありません。 医師に安全に服用できる量をしっかりと見極めてもらい、管理されている上で服用するのが何よりおすすめです。 もし何かあった時もすぐにクリニックを受診することができるので安さよりも安全をとるようにしましょう。

価格が気になるならジェネリックも

プロペシアの金額がどうしても気になってしまう人もいるでしょう。確かに毎月9,000円程度支払っていくのは痛手ではあります。 そんな時はクリニックに相談してみましょう。沢井製薬などが販売しているジェネリック版を取り扱っているクリニックも増えてきました。 つまり、より安全により安くプロペシアを使ってリスクを改善することができるんです。 

プロペシアの危険性が気になるならPRP注入治療がおすすめ

プロペシアは確かに効果の期待できる治療薬ですが、危険性を考えると治療を断念してしまいがちです。 そんな人におすすめしたいのが、自分の血液を使って治療を行うPRP注入治療です。再生医療とも呼ばれ注目を集めています。 育毛メソセラピーやHARG療法のように頭皮に直接注入して治療を行うのですが、大きな違いがあります。それが危険性です。

高い効果・高い安全性

育毛分野で現在高い効果を発揮してくれる治療法といえば、HARG療法です。薬剤と幹細胞から抽出した成長因子を注入し、改善を図ります。 ただし、使用する脂肪細胞が他人のものである場合があります。完全に自分の体外のものを注入するとなれば副作用の危険性を伴います。 それに比べPRP注入治療は自分の血液を採取しPRPを抽出して頭皮に注入するので副作用の心配はほとんどありません。 PRPを注入することで成長因子が頭皮のサイクルを活性化してくれるため薄毛に高い効果を発揮してくれます。さらに、自分の血液を使用するため拒絶反応といった危険性も少なく比較的安全です。

PRP注入治療にはメリットがいっぱい

PRP注入治療をおすすめする理由はその安全性だけではありません。たくさんのメリットがあるからです。

 

1. 自分の血液を使用するため安全性が高い

2. 通院回数が少ない

3. 男女問わず治療を受けられる

4. 注入するため頭皮にまんべんなく浸透する

5. 飲み薬と併用しやすい

 

上記のようなメリットがあります。効果は大体2~3か月程度で実感することができます。また、注入後2~3週間はヘアサイクルが整う過程で一時的に脱毛しますが効果が出ている証拠なので安心してください。

安全にPRP治療を受けるために知っておきたい「PRP治療を受けられない人」

PRP治療はとても安全性の期待できる治療法のため、未成年でも親の同意書があれば行うことができますが、以下のような人は治療を受けることができません。

 

  • 妊娠している人
  • HIV感染症の人
  • 肝機能障害の人
  • 腎機能障害の人
  • 脾機能亢進症の人
  • 門脈圧亢進症の人
  • 自己免疫疾患の人
  • 悪性腫瘍がある人
  • 甲状腺に異常がある人
  • ウイルス性疾患がある人
  • 骨髄機能が低下している人
  • 自己免疫性溶血性貧血の人
  • 血小板異常の疾患がある人
  • 頭皮にアレルギー疾患などがある人
  • 貧血クエン酸ナトリウム水和物にアレルギーがある人

 

また、発熱している場合などは受けることができません。他にも、ステロイド薬をたくさん服用している場合にはPRP治療が受けられない場合もあるのでまずは医師に相談してください。

プロペシアの危険とおさらば!再生医療で薄毛を改善

プロペシアはミノキシジルと同様に薄毛を改善する治療薬として活躍してきましたが、医薬品成分のため少なからず副作用の危険性がありました。 そんな副作用のリスクを気にせず薄毛の治療を行うことができるのが、PRP注入治療です。安全性が高いうえに効果を実感しやすいためおすすめです。 ですので、薄毛で治療法がまだ決まっていないという人は安全性の高いPRP注入治療で薄毛を改善してみてください。

 

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ