トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 腕が痛い…!日常動作の悩みになりがちな「肘から下の痛み」に迫る

腕が痛い…!日常動作の悩みになりがちな「肘から下の痛み」に迫る

日常生活において必ず使用しているものといえば、手や腕ではないでしょうか。近年はインターネットなどが普及したことでよりその傾向が強まっています。 パソコンやスマートフォンなどの操作を毎日のように行なっている人は圧倒的に多いです。スムーズに動く時こそなにも思わないものですが、ある日突然腕の痛みが襲ってきた…なんて人もいるのではないでしょうか。 特に肘から下の痛みに頭を悩ませている人も多いでしょう。パソコンやスマートフォンの操作以外にも手は様々な動きで活用しています。 そこに痛みが生じるとどうしても日常生活に支障をきたしてしまいます。そこで今回は、悩みのタネになりがちな腕の痛み…その中でも肘から下の痛みに迫ってみます。

腕が痛い!肘から下の痛みで考えられる症状

日常生活に支障をきたすほどの痛みは耐え難いものです。ただ、なぜ肘から下の腕が痛いのか気になる人も多いのではないでしょうか。 もちろん詳しい原因については病院を受診して診断してもらう必要がありますが、ここでは肘から下の腕が痛い原因をいくつか紹介します。

肘から下の腕が痛い原因①肘から下の腕が痛い原因②頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)

肘から下の痛みのため腕だけが原因と思っている人も多いですが、実は首にある頚椎から痛みを生じている場合があります。 そしてこの首を支えている頚椎の間にはクッション性に優れた椎間板が入っています。ですが、加齢などが原因でクッションとしての役目を果たせなくなってしまうのです。 すると骨同士が直接ぶつかってしまい、変形などしてしまうと神経を圧迫した結果肩の痛みなどからはじまり、腕が痛い原因になってしまいます。 また肘から下だけでなく腕全体が痛いと感じる場合には頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)が疑われます。 同じ頚椎で引き起こされている症状ですが、悪化して脊髄を圧迫し続けた結果排尿障害を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

肘から下の腕が痛い原因②末端神経障害(まったんしんけいしょうがい)

体にはたくさんの神経が通っていますが、腕や肘などが神経を通して命令を受け取る時は、他の神経からの伝達が必要となります。 その伝達を伝えるまでの神経が何かの原因で圧迫されていたりすると、腕が痛い原因になったり肘から下のみに痛みを感じる原因になります。 また、痛みとして現れるだけでなくしびれとして症状が現れる可能性が大いにあります。ピリピリとしたしびれや痛みから、ズキズキとして物に変化する人も多いようです。 悪化の一途を辿ると、力が入らないといった原因にもなりかねませんので注意してください。

肘から下の腕が痛い原因③テニス肘・ゴルフ肘(てにすひじ・ごるふひじ)

その名前からもわかると思いますが、テニスやゴルフといったスポーツを行なっている人が起こしやすい肘から下の腕の痛みの症状です。 テニス肘の場合には外側にひねるような動きをした時に痛みを生じ、ゴルフ肘の場合には腕を内側に動作させると痛い場合がほとんどです。 ただ、テニスもゴルフもしていないのに痛みを感じている人も多いのではないでしょうか。実はこのテニス肘やゴルフ肘は「パソコンやスマホの操作」でも引き起こされます。 スマホやパソコンの操作はITが成長している昨今では当たり前のように行われます。ただ、手の動きはものすごく複雑でその動きを長時間行なっている人がほとんどです。 つまり、作業を行なっている時にどうしても腕などに負担がかかってしまった結果肘から下の腕が痛い原因となっています。

肘から下の腕が痛い原因④腱鞘炎(けんしょうえん)

腱鞘炎といえば馴染みのある痛みの原因と思いますが、主に肘から下の手首付近でよく引き起こされる症状の1つです。 手首を動かすためには様々な筋肉や腱を使用していますが、ここに異常が起こり炎症が引き起こされてしまうと腕が痛い原因になります。 また、症状が悪化すると肘から下全体が痛い原因にもなりますので、注意が必要です。

肘から下の腕が痛い原因⑤骨折・ヒビ(こっせつ・ひび)

腕または肘から下に対して何かしらの強い衝撃を受けた場合に一番可能性があるものといえば、骨折やヒビなどです。 肘から下には橈骨と尺骨がありますが、このどちらかが骨折していたりヒビが入っていると肘から下に痛みを生じます。 誰でも突然骨折の可能性を秘めているので注意が必要になります。ただ、骨折するときなどおはとても強い衝撃があるはずですので、痛みも我慢できるものではないでしょう。 原因がわかっているうちに病院を受診するのがおすすめです。

肘から下の腕が痛い原因⑥筋肉痛(きんにくつう)

対して衝撃も受けていないのに、なぜか突然腕が痛くなってしまった場合…筋肉痛の可能性が考えられます。 普段あまり運動をしていない人が腕などを激しく動かした場合に、筋肉痛として現れる可能性があります。 筋肉痛の場合にも骨折と同様に何かしら身に覚えがあるはずですので、強い痛みでない場合には自宅で安静にしていれば問題ないでしょう。

腕が痛い…受診するべきか迷った時の目安

「肘から下の腕が痛い」といっても痛みの程度はそれぞれですし、病院に行くべきなのか迷っている人も多いはずです。 「この程度なら明日の診療まで我慢するべきか…」「いやもう我慢できない…」などそれぞれだと思いますが、簡単な目安を紹介します。

すぐにでも病院受診が必要

まず、すぐにでも病院受診が必要な人の目安としてはやはり強い痛みがある場合です。我慢できないほどの強い痛みがある場合には病院を受診するのがよいでしょう。 肘から下が痛い原因として、強い衝撃を受けた時に骨が折れてしまっている場合があります。また、衝撃を受けた強さがわかる時もあるでしょう。 我慢できないほどの痛みや、ズキズキと痛む時は病院を受診するのがおすすめです。

明日の診療時間まで様子見

次に、明日または近日中に病院を受診するのがおすすめの症状は動かすと痛い場合です。 日常生活を送る上で対して問題がないものの、動かした時に腕が痛いと感じる場合やしびれを感じる場合には病院を受診するのがおすすめです。 また、スポーツの習慣がある人や痛みが慢性化してきたような気がする場合には病院の受診を検討する方がよいでしょう。 近々強く腕が痛くなってしまうかもしれませんし、肘から下にしびれをきたす可能性もありますので、病院受診の検討はしておきましょう。

まずは安静にして気になれば受診

腕が痛いのは気になるものの、短期的だった上に繰り返していないと感じるようであればすぐさま病院の受診を行う必要はないかもしれません。 まずは症状をみながら安静にしてみましょう。もし症状が再び現れてしまうようであれば焦らず病院の受診をおこなってみてください。

肘から下の腕が痛い時は何科を受診するべき?

実際に様々な原因によって引き起こされる腕の痛みですが、そうなると「何科を受診するべきなのだろうか…」と迷ってしまう人もいるはずです。 基本的には整形外科に通うのがおすすめです。しびれや痛み、きっかけなどの総合的な面から肘から下の腕が痛い原因を探してくれます。 必要とあらばレントゲンなどを撮影することもあるでしょうし、適切な治療を受けることができます。

肘から下の腕が痛い時に試したい対処法

ほとんどの場合、自分で対処するよりも病院を受診する方が早く正確に治療することができますが、まだ様子をちょっと見てみようという痛みの場合もあります。 そんな時に行なって欲しいのが対処法ですが、肘から下の腕の痛みに関してはストレッチとテーピングの使用がおすすめです。

腕が痛い時の対処法①ストレッチ

寝起きに痛みを感じる場合や、重さを感じる場合には腕の筋肉が温まっていないためより痛みを感じる可能性があります。 そんな時おすすすめしたいのがストレッチです。痛みがひどくなるほどストレッチを行う必要は全くありません。 あくまで気持ち良いと感じられる程度のストレッチで十分です。また、これにより肘から下の腕の痛みが改善する可能性もあります。ではそのやり方を簡単に解説します。

1. 片方の手をまっすぐ前に伸ばし、もう片方の手で指をつかむ

2. 指をつかんだ手を自分のほうにゆっくりと引き寄せます

3. 痛すぎない程度で引っ張るのをやめ、20秒キープ

たったこれだけで肘から下の腕の筋肉をほぐすことができます。片方が終わったら反対側も同様に伸ばしてください。 これだけで血行が促進され冷えている筋肉が少し温まり、稼働させやすくなります。ただし、痛みがひどい場合には無理してストレッチするのはNGです。 特に骨折やヒビといったレベルの強い衝撃を受け強い痛みを生じているにも関わらず、ストレッチをするのは逆効果です。ヒビが入っている場合、最悪骨折してしまう可能性もあります。

腕が痛い時の対処法②テーピング

腕が痛くとも何か作業をしなくてはいけないことがある人は、作業が苦痛になってしまうことでしょう。 そんな時に少しでも補助をしてくれるのがテーピングです。上手に貼ることができれば軽く動かすことができるようになるのでおすすめです。 しかも、テーピングはとても簡単に貼ることができるので紹介します。

1. 肘を曲げ、腕が床と平行になるようにします

2. 親指の付け根から痛みのあるポイントに向けてテーピングを装着

たったこれだけです。これだけで肘から下の痛みをサポートすることができるのでおすすめです。 ただ、一本テーピングを貼るだけでは腕を可動させた時に剥がれないか不安に感じる人も多いでしょう。 そんな時は、ブレスレットをはめるようにテーピングをつけるのがおすすめです。肘を曲げる部分の直前にもテーピングをつけておけば動かしても安心です。 肘の部分にさえつけなければ可動域を邪魔することはありませんし、日常生活においても邪魔に感じることはまずないでしょう。 ただし、テーピングをしても痛みが引かない場合や、痛みが強い場合には病院を受診しましょう。

完治も遠くない?肘から下の腕の痛みを改善できる再生医療

気になる肘から下の腕の痛み…早く治療したいならやはり病院の受診がおすすめです。そして、外的な要因で肘から下に痛みを生じている場合には再生医療の使用がよいでしょう。 再生医療とは、自分の血液や細胞から成長因子などを取り出し自己治癒力を高めてあげるのが特徴の治療法です。

 

  • PRP(多血小板血漿)注入治療
  • 脂肪幹細胞治療

 

上記の2つの方法を用いた再生医療による治療を受けることができます。 PRP注入治療は、自分の血液から血小板と成長因子を取り出し再び患部に注入するという治療法で、関節の周りの組織などが修復するのを助けてくれる効果があります。 脂肪幹細胞治療は、自分の脂肪細胞から幹細胞を抽出し培養したものを損傷部位に注入することで痛みや炎症を抑制し細胞の修復を行うことができます。 ちなみに抽出する脂肪細胞は米粒2つ程度のため、体への負担も少ないのが特徴の治療法となっています。 またどちらの治療法に関しても自分の血液や細胞をしようするため、拒絶反応が起こりにくくリスクも低いのが特徴です。 ただ、PRP注入治療と違い、脂肪幹細胞治療に関してはどのクリニックでも行えるわけではないのです。

厚生労働省から認可されたクリニック

高い効果を期待することができる治療法として現在注目を集めている治療法ではありますが、厚生労働省から認可を受けているクリニックでしか治療を受けることができません。 全ての痛みがこの脂肪幹細胞治療によって治癒できるわけではありませんが、肘から下の痛みに悩まされているのであればまず相談してみるのがおすすめです。

元から解決!肘から下の痛みを改善して快適な毎日を

肘から下の痛みやしびれといった腕全体の違和感などが気になるのであれば、できるだけ早めに病院を受診するのがおすすめです。 早ければ早いほど、たくさんの治療法を検討してもらうことができますし、痛みなどが改善するスピードにも違いがでます。 細菌などで炎症が引き起こされている場合は、再生医療を使用することはできませんが、外的要因であれば再生医療で肘から下の腕が痛い原因を取り去ることも可能です。 再生医療以外にも様々な治療法を提案してもらうことができるので、いち早く受診して快適な毎日を過ごしてください。

 

トップ