トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 髪の毛が抜けるのは1日でどれくらいがセーフ?薄毛にならないために知っておこう

髪の毛が抜けるのは1日でどれくらいがセーフ?薄毛にならないために知っておこう

将来的に絶対薄毛になりたくない、抜け毛を少なくしたい。 そう思っている男性は非常に多いのではないでしょうか。 数は少ないですが、女性も少なからず該当するはずです。 髪の毛が生えてくるのはいいですが、抜ける本数が多くなればなるほど、悩みのタネとなってしまいます。 そこで、1日で見てみると、髪の毛はどれくらい抜けるのが普通なのか。 抜け毛がどれくらい増えれば危険なのかを考えていきましょう。

そもそも髪の毛は1日にどれくらいの本数が抜けるのか

1日に10本しか髪の毛が生えてこないと仮定して、20本抜け続けたとしたらどうでしょうか。 毎日10本ずつ減っていくため、いつかは髪の毛が少なくなり、頭皮がスカスカになってしまいます。

髪の毛は10万本が平均的

そもそも、人間の髪の毛はどれくらいの本数があるのでしょうか。 実際のところ、人間の髪の毛の総本数は、平均して10万本あると言われています。 そのため、多少抜け毛の本数が増えたとしても、いきなりハゲたり薄毛になったりということはありません。

1日の抜け毛は100本前後

一般的に人間が抜ける髪の毛の本数は、1日にして100本前後です。 1日に100本も抜けると聞いたときに、そんなに抜けるのか、と驚きを隠せない人もいるはずです。 なぜなら、抜け毛が増えれば増えるほど、将来が心配になるからです。 ですが、逆を言えば毎日100本程度の抜け毛なら、そこまで悩まなくていいということです。 また、季節、時期によっては1日に200本前後は抜けることがあるため、あながちどう判断していいのかを悩むことでしょう。 もし、毎日200本以上髪の毛が抜け続け、それが半年、1年も続くのであれば原因を特定して、ヘアケアや対策を練らないといけません。

髪の毛は1日に0.3ミリ伸びる

髪の毛は抜けるだけではなくしっかり成長してくれます。 しかし、実際にどれくらい成長するのかを知っておけば、より安心できるのではないでしょうか。 人間の髪の毛は、1日におよそ0.3ミリ~0.5ミリほど成長します。 つまり、1ヶ月で1センチ、1年で10センチ以上伸びるということです。 これは、年齢が若ければ若いほど、髪の毛が伸びるスピードがはやいと言われています。

抜け毛の大半はシャンプー時におきる

では、髪の毛がいちばん抜けるのは、どのような場所なのでしょうか。 それは、シャンプー時がいちばん多いです。 なぜなら、髪の毛を洗い流すからです。 しかし、もともと抜けていた髪の毛も混ざっていることもあり、100本以上抜けたとしても、そこまで心配することはありません。 むしろ、余計に髪の毛や抜け毛が気になりすぎて、それがストレスとなってしまいます。

ヘアサイクルで髪の毛が抜けたり生えたりする

当然のことですが、髪の毛はただ抜け落ちるだけではありません。 しかも、いちど抜けた髪の毛もまたそこから新しい髪の毛が生えてきます。 ヘアサイクルを知っておけば、薄毛になる心配が消えより安心できるのではないでしょうか。 髪の毛が生えたり抜けたりするのは、このヘアサイクルがあるからです。 髪の毛はなんと、4~7年ほどかけて生え変わっていることをご存知でしたでしょうか。 髪を成長させる成長期や、抜け毛がはじまる退行期、完全に停止してしまう休止期の3つのサイクルから成り立っています。 これらの動きが適切になっていれば、いつまでもずっと髪の毛のボリュームが維持できるというわけです。

抜け毛チェックで薄毛の危険度がわかる

ただ単純に抜け落ちていく髪の毛を捨てるのではなく、じっくり見てみると意外なことが発見できます。 それが、その髪の毛がヘアサイクルの役目を果たし抜けたかどうかです。 逆に、役目を終えていないのに髪の毛が抜けているのは危険と言われています。 それを確かめる方法は、落ちた髪の毛をチェックすることです。 とくに毛根をチェックしてみてください。 もし、普通に髪の毛が抜けたのであれば、毛根があって丸くなっています。 このような抜け毛が多いのであれば、ヘアサイクルが正常で抜け毛を気にする必要は、ほぼほぼありません。 しかし、髪の毛の毛先が丸くなく細くなっている場合は要注意です。 また、抜け毛が産毛だらけの場合もおなじく対策が必要です。 この場合は、髪の毛が生えようとしているのに、なんらかの理由ではやく抜け落ちてしまったことが解ります。 むしろ、1日に抜ける髪の毛の本数より、抜け毛をチェックするべきだといえます。

抜け毛を可能な限り減らす効果的な方法

将来薄毛になりたくない、抜け毛を少なくしたいと思ったときに、何をすればいいのでしょうか。

22時から2時の間は必ず寝ること

髪の毛は、ゴールデンタイム中がいちばん伸びる、ということをご存知でしたでしょうか。 ゴールデンタイムとは、22時から翌2時までのことを指します。 このわずかな時間こそが、成長ホルモンが分泌されるため、お肌はもちろん髪の毛にも良い影響を与えてくれるというわけです。 ですから、髪の毛のことを気にするのであれば、夜更かしをするのは絶対にやめておきましょう。

ストレスをためこまないこと

日々生活をしていれば、大小問わずストレスを感じてしまうことがあります。 しかし、そのストレスの積み重ねが、育毛を妨げ、抜け毛が増えてしまう原因となってしまいます。 ストレスがたまると、血行が悪くなり髪の毛の成長が悪くなってしまうからです。 また、社会人や子育て中の女性などは、ストレスから逃れることはなかなかできません。 ストレスをためない方法は、少しでもしっかり気分転換をしたり、趣味に没頭することが大切なのではないでしょうか。

シャンプーや洗い方を変える

抜け毛が多い原因に、シャンプーはもちろん、洗い方が間違っている可能性があります。 例えば、これでもかというくらいに手の爪で頭皮をかきむしったり、シャンプーを洗い流し切れていなかったり。 まずは、何もつけずにしっかり髪の毛をシャワーで流すことが重要です。 なぜなら、水分がないとシャンプーそのものが泡立ちませんし、なによりホコリなどの汚れを事前に取り除いておきたいからです。 そして、シャンプーは手で泡立ててから髪の毛や頭皮につけるようにすることがおすすめです。 爪をたてずに、マッサージをすることで、頭皮の血行の流れもよくなります。

髪の毛の自然乾燥はNG

女性とは違い髪が短い男性の場合、髪の毛を自然乾燥してしまいがちです。 髪の毛が濡れたままだと、頭皮の細菌が増えてしまい、結果的に薄毛や抜け毛の原因へとなってしまいます。 面倒でもドライヤーでしっかり乾かし、髪の毛が濡れていないことが確認できれば、最低限のヘアケアは完了です。

まとめ

ここまでのことをまとめると

・髪の毛は1日で100本くらい抜けても気にしないこと

・1日の抜け毛よりも毛根をチェックして今の状態を知っておくこと

・髪の毛がいちばん抜けるシャンプーは意識してやり方を改善、対策すること

自分の抜け毛を減らすためには、特別難しいことはしなくてもいいです。 しかし、それらを面倒くさがって普段通りの生活をしていると、いつのまにか生える毛よりも、抜け毛が増えて逆転する可能性があります。 10年、20年先もしっかり髪の毛のボリュームを維持したいのであれば、適切な時間に睡眠をとり、ストレス発散を行うことで解決できます。 そしてシャンプーの仕方を理解して抜け毛の対策や予防することをおすすめします。

トップ