トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 若ハゲになるとすでに手遅れ!?絶対に予防しておくべき理由とは

若ハゲになるとすでに手遅れ!?絶対に予防しておくべき理由とは

年をとったらハゲる、というのは誰でも想像しやすいですが、実は10代や20代でもそうなってしまう可能性があるということをご存知でしたでしょうか。 年を取ってからハゲたとしてもあきらめがつきますが、若いときにハゲてしまうと、とても苦しいもの。 人と話すときは目線が気になるし、なにより異性にモテなくなる可能性があるため、ハゲるまえに何とかしたいと思うのではないでしょうか。 そこで、自分はもしかしたら若ハゲかも思ったときに、何をするべきなのかの方法を紹介していきます。

若ハゲとは?

そもそも若ハゲという言葉をよく耳にしますが、どういう意味を表すのでしょうか。 若ハゲとは、ハゲてしまう年齢ではないのにも関わらず薄毛になってしまう現象のことを言います。 もし自分自身が、50代や60代で周りもハゲているような状況であれば、そこまで気になることはありません。 なぜなら、結婚もしていてこどもも独立しているような年齢ですから、見た目のことが気にならなくなるからです。 しかし、自分が10代や20代だとそうもいきません。 若ハゲになると、他人からの視線も気になりますしなにより異性からまったくモテなくなる可能性があります。 しかも自分の意志とは反対に、どんどん髪の毛が抜けていくため、ショック以外のなにものでもありません。

若ハゲの基準やラインを把握しておこう

ひとことで若ハゲといっても、どこからがそうで、どこからがそうじゃないのかが解らないのではないでしょうか。 たしかにしっかりとした基準があるわけではありません。 しかし、若ハゲに感づいている場合は何かしらの変化があったということから、事前にある程度予測はできているのではないでしょうか。

抜け毛が予想以上に多い

普段そこまで気にしない髪の毛ですが、あることがきっかけでとても気になってしまう場合があります。 たとえば、何もしていないのに髪の毛が何本か顔をつたって落ちてきたり、枕に大量の髪の毛が付着してたり。 また、髪の毛を洗った後に排水溝がよく詰まると、あれっ、なんだかおかしいなと感じてしまうわけです。 そこではじめて、自分はもしかしたら脱毛が激しく若ハゲなのでは、と感じてしまいます。

手で頭皮を触ったらスカスカ感がある

もし前髪から抜け毛が増えてくれば、なんとなくヘアが少なくなったなと悩んでしまいます。 しかし、やっかいなことに頭頂部、つまり見えないところからハゲてしまうと、自分ではなかなか気づかないケースが多々あります。 何気なく頭頂部を触ると、ほかの部分よりもボリュームが少なく感じられてしまいます。 髪の毛の成長が止まっていたり、ヘアが抜け落ちるのがはやかったり。 まさに、男性型脱毛症(AGA)がはじまっている可能性があります。

若ハゲになる原因は身近にある

若年層で若ハゲなんて自分はなるわけない、そう思っていませんか。 実は、これら若ハゲになる原因は身近なところにあることをご存知でしたでしょうか。

過度なストレスによるハゲ

人間はストレスを感じると、体に不調をきたしてしまう生き物です。 そのストレスの度合いが高くなればなるほど、深刻な状況に陥ってしまいます。 たとえば、食事がとれなくなったり、睡眠ができなくなったり。 またストレスで悩みすぎて、よからぬ考えをしたり。 こうなってしまうと、どう考えても精神的、肉体的にもよくありません。 もちろんヘアにもです。 よくストレスでハゲる、という言葉を耳にしますが、あながち間違いではないというわけです。

生活習慣が悪いことによるハゲ

生活習慣が悪いと、どうしても体が健康でいられることが少なくなってしまいます。 食事は不規則にとったり、栄養が不足していたり。 また睡眠時間が少なかったり、寝る時間がバラバラだった場合に、血行が悪くなり抜け毛の原因へと導いてしまいます。 生活習慣は、名前の通り習慣づいているため、なかなか正すことは難しいですが将来ハゲる可能性があることを知ったら、今すぐにでも改善できるのではないでしょうか。

若ハゲにならないためにやるべき予防・対策方法とは

もし、自分が若ハゲになった場合、とてもショックなはずです。 しかし脱毛は不治の病とかではないため、事前にしっかり原因を知っておき予防することでかなりの抜け毛を減らすことができます。 つまり、ハゲにくい体制が整うというわけです。

予防・対策方法1効果のある成分の育毛剤を使うこと

男性の若ハゲ予防で、もっとも人気な方法が育毛剤を使うことではないでしょうか。 しかし、育毛剤といってもさまざまな商品があり効果もたくさんあるため、かなり迷ってしまうはず。 たとえば、ドラッグストアに売っている育毛剤で有名なリアップであれば、発毛に期待できるミノキシジル成分が配合されているため、ハゲ予防にも効果的です。 また、もし女性のヘアで薄毛に困っているのであれば、女性専用のリアップジェンヌなどを検討してみてはいかがでしょうか。 これら育毛剤とひとくくりにするのではなく、しっかり抜け毛予防をしてくれたり発毛などの成長に期待できるものを選ぶことがおすすめです。 また、いろいろな市販の育毛剤があるためしっかり比較して、使用するようにしましょう。

予防・対策方法2しっかり睡眠をとること

生き物である以上、睡眠はとても必要なものです。 ですが、社会人で忙しくなるとどうしても睡眠不足になりがちです。 そこで改めて帰宅してからの行動を考えてみてください。 夜、寝る前にスマホでゲームをしたり、余計なことをしていませんか。 もしそれらの行為が時間を費やしているのであれば、睡眠時間にあてることが大事です。 これは若ハゲの改善もそうですが、次の日に気持ちよく起床するためにも必要な行動です。

予防・対策方法3食生活の見直しをすること

食生活の乱れの見直しをするのも、若ハゲ防止になります。 とくに好き嫌いをしたり、過度に食事を減らすことで、栄養のバランスが崩れ血行も悪くなり抜け毛が増えてしまう可能性があります。 食事は毎日3食しっかり摂取し、栄養の偏りがないようにしておきましょう。 また、健康に良い食べ物を意識して過剰に好き嫌いをしないことがとても大切です。

予防・対策方法4ストレスを発散すること

ストレスが増えると抜け毛が増えてしまいます。 ですが、ストレスをなくすということはとても難しいため、発散するということが必要です。 真面目なひとほど、ストレス発散は苦手ですが、それでも何かをするように心がけてください。 仕事でなにか目標を達成すれば、自分にご褒美を買ってあげたり、休日は何もかも忘れて思いっきり遊んだり。 こういうことは決して無駄ではないので、ある意味仕事半分、遊び半分で考えることが重要です。 また、運動不足もハゲに影響を及ぼしてしまいます。 そのため、意識して運動不足の解消につとめることをおすすめします。

予防・対策方法5今一番人気!AGA専門クリニックで見てもらうこと

もし、自分の頭皮やヘアの状態がイマイチわからないのであれば、AGA専門の病院へ相談、治療しにいくことが必要です。 なぜなら、自分が若ハゲだと思っていても思い過ごしだったり、逆に進行しすぎていてマズい場合があるからです。 また、AGA専用クリニックでは同じような症状の患者をたくさん見ているため、より的確な治療をしてもらえるというメリットがあります。 しっかりとした病院で受診や治療をしたのであれば、十分誰もが今の現状を納得しますし、より予防や対策を打ちやすいのではないでしょうか。

しかしながら、当院では、PRPによる薄毛治療もおすすめ致します。
その理由も含めこちらの記事で、PRP治療等について詳しくご紹介します。

<記事リンク>

薄毛のPRP治療について効果やメカニズムを詳しく紹介します!

まとめ

ここまでのことをまとめると、

  • 男性女性問わず10代や20代でもハゲてしまう可能性がある
  • 若ハゲにならないためにはストレス、食事、栄養、睡眠に気をつけること
  • 若ハゲかどうかが判断できないならAGA専門のクリニックへ相談、治療すること

若ハゲになる原因はさまざまですが、しっかり事前に予防をしておけば、そこまでひどくなる確率は減ります。ですから、普段の生活が良くないのであれば、いますぐにでも良くなるような習慣づけをしておくことをおすすめします。

トップ