トピックスtopics

40代の薄毛対策はどうすべき?


男性も女性も本格的に薄毛に悩み始める40代。髪の毛のボリュームは、見た目の印象に大きく影響します。

おしゃれな服を着ても髪の毛の量が少ないと不健康そうだったり、疲れているように見えてしまったりしがちですよね。

年齢のせいだから仕方がないと分かっていても、やはりどうしても髪の毛のボリュームは気になるものです。

そこで今回は、40代の薄毛対策について解説していきます。

40代は薄毛が進行するお年頃

薄毛は40代になると、どんどん進行していきます。

加齢とともに育毛を促進していたホルモンが減少すること、ストレスや睡眠不足になりやすいことが主な原因です。

また10~20代の若い頃、頻繁に髪型や髪色を変えていた人も40代になるとますます毛が生えてきにくくなります。

薄毛は生活習慣を改善すれば、ある程度は進行を遅らせることができますが、髪の量を増やすとなると、生活習慣の改善だけでは難しいという現状があります。

40代の薄毛対策は医療の手を借りるのがベスト!?

40代で薄毛を対策する場合、自分の力だけでは難しいというケースが多いです。

しかし、生活習慣の改善と併せて、クリニックで毛髪の再生医療を受けるという方法があります。

薄毛を改善する再生医療は、近年若返り治療にも使われています。

これまで薄毛の治療は、ミノキシジルなどの薬を使った方法が一般的でしたが、薬での治療は体質や性別によって副作用やアレルギーが起こることもありました。ですから、薄毛が気になるけれどアレルギーが心配で治療することができない、痒みなどの副作用がひどくて肝心の育毛効果が出ないうちにやめてしまったという方も少なくありません。

その点、再生医療は薬剤ではなく自分自身の血液を使うため、副作用やアレルギーのリスクは低くなります。

自分自身の血液でもまれに頭皮に赤みが出ることもありますが、薬に比べるとその可能性は圧倒的に低くなります。

また、毛髪再生医療の育毛効果は長続きしやすいことも特徴です。髪の毛の増え方も自然で、薄毛治療を周囲に知られたくない方にもおすすめです。

40代の薄毛を治療する手順とは?


再生医療なら、40代の薄毛の改善に大きな効果が期待できます。

治療の手順としては、まず自分自身の血液を採取し、採取した血液から血小板を多く含む血漿を取り出して、頭皮に注入します。

注入した血漿には、多くの成長因子が含まれており、頭皮の組織を再生して毛根に働きかけることで育毛を促します。

この血漿を使った薄毛治療のことをPRP(PlatelatRichPlasma:多血小板血漿)育毛療法といいます。

PRP育毛療法は、アレルギーや副作用の心配がないこと、効果の持続する期間が長いこと、自然に髪の毛が増えるなどメリットが多い治療法です。

しかしこの治療法は、毛根が残っていることが前提です。毛根がなくなってしまえば育毛効果を発揮することはできませんので、早めにクリニックに相談してみることをおすすめします。

まとめ

40代で薄毛に悩み、医療の力を借りて改善したいという人は少なくありません。

そこで、副作用やアレルギーのリスクなしに薄毛を治療することが可能なPRP育毛療法を扱うクリニックも増えてきています。薄毛が気になり始めたら、早めに相談してみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ