トピックスtopics

30代から薄毛の治療ってまだ早い?


30代で薄毛の治療というと、「まだ早いのでは?」と感じる人もいるかもしれません。しかし、近年は30代でもすでに薄毛の症状が出始めている方も少なくありません。

ある日ふと鏡を見た時に髪の毛にボリュームがなかったり、髪をとかした時にごっそり毛が抜けたりした経験はありませんか?

まだまだ若い30代で、髪の毛が急激に薄くなってしまうのはショックですよね。

そこで今回は、30代から始める薄毛治療について解説していきます。

女性も男性も30代で薄毛になる

最近は女性も男性も30代で薄毛になり始める傾向があります。

その原因はストレス、睡眠不足、食事制限ダイエットによる栄養不足などです。また、10~20代の頃にカラーリングやパーマを頻繁に行っていたことも薄毛に影響します。

そして女性の場合は、これらの他に妊娠・出産後の女性ホルモンの減少も関係しています。

薄毛の進行を防ぐには毎日の生活習慣を見直し、体の変化に合わせた対策を行うことが大切です。

30代の薄毛はクリニックでの治療がおすすめ

30代で薄毛の治療を開始する人は今では珍しくありません。現代の30代は男性にも女性にも環境の変化が起こりやすい年代です。

育児に追われていたり、仕事での責任が大きくなってストレスを抱えたりしがちです。当然、生活習慣も乱れやすくなります。そのような状況で薄毛に気付いて対策しようとしても、なかなか難しいのではないでしょうか?

特に小さいお子さんがいるなど、自分の時間が十分に持てない環境では髪の毛のケアまで手が回りませんよね。

薄毛は生活習慣が原因ですが、忙しい人はそれを改善することが難しいのです。専門のクリニックで薄毛治療を行う人が多いのも頷けますよね。

30代の薄毛は毛髪再生医療で治療できます


薄毛の治療にはさまざまな方法があります。その中でも特に安全で確実な治療法として知られているのが、毛髪の再生医療です。

毛髪の再生医療では、自分自身の血液から採取した血漿を使用します。この血漿には頭皮や毛根の働きを促進する因子が含まれています。

これを頭皮に注入することで自然に育毛を促すことが可能になるのです。薄毛治療に使われるミノキシジルなどの薬剤では、体質や薬の濃度によっては副作用やアレルギーが起こる危険もあります。

しかし、毛髪再生医療なら自分の血漿を注入するだけですので、副作用やアレルギーのリスクは低いです。育毛の効果も自然で、安心して治療を受けられるのは嬉しいですよね。

まとめ

30代で薄毛になる人は増えています。生活習慣の改善ももちろん大切ですが、それだけで薄毛の治療をするのは困難です。

そして、毛髪再生医療は自然に髪の毛を増やすことができますが、髪の毛がある程度頭に残っているうちでなければ育毛の効果は発揮されにくくなります。

ですから、薄毛に気が付いたら早めに専門のクリニックに相談してみることをお勧めします。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ