トピックスtopics

アレルギー体質の方でも安心な薄毛治療とは?


薄毛治療を考えている方の中には、アレルギーを心配している方もいるのではないでしょうか?

薄毛の治療方法は、内服薬による治療、頭皮に直接栄養や薬剤を注入する治療などさまざまです。

しかし、中には皮膚にアレルギーがある人は受けられない治療もあります。

そこで今回は、アレルギーの人も受けられる可能性の高い再生医療による薄毛治療をご紹介します。

薄毛治療はアレルギーがあると受けられない!?

アレルギー体質の人が薄毛治療を希望する際、治療方法の選択は非常に大切です。

皮膚にアレルギー症状が出やすい方は頭皮も敏感な可能性が高いので、強い薬や刺激には過剰に反応してしまうこともあります。

もしも自分がアレルギー体質かどうかわからない場合は、医師に相談してパッチテストなどを受けることをおすすめします。

そして実際にアレルギー体質であった場合は、自分の体質に合った治療方法を選ぶことがポイントです。治療を開始する前にしっかり医師に確認しておきましょう。

アレルギーが起こりにくい!?毛髪再生医療とは


アレルギーが起こりにくい薄毛治療に、毛髪再生医療というものがあります。

再生医療はもともと臓器などの病気を治療するためのものでしたが、最近では肌の若返りにも用いられるようになり注目を集めています。

薄毛も肌の老化と同様に加齢によって進行する症状ですので、再生医療で治療することが可能なのです。

なぜアレルギーが起こりにくいのかというと、治療で使うのが薬剤ではなく自分自身の細胞だからです。

アレルギー反応は通常異物とみなされたものに起こります。もともと自分にあった細胞なら、アレルギーを引き起こす確率は低くなります。

再生医療による薄毛治療とはどういったものなの?

毛髪の再生医療は、薬剤ではなく自分自身の血液を使用します。

まず血液を採取してから高濃度の血小板を含む血漿を取り出し、頭皮に注入します。この血漿を使った薄毛治療のことをPRP(PlatelatRichPlasma:多血小板血漿)育毛療法といいます。

注入した血漿には、多くの成長因子が含まれています。この因子が頭皮の組織を再生し、毛根に働きかけ育毛を促進します。

この方法なら、他の薄毛治療方法と比べてアレルギーの症状が出る確率は低いでしょう。

ただ、ごくまれに頭皮に赤みが出る場合もありますので、不安な方は治療を行う前に医師に注意点などを確認しておくと良いでしょう。

まとめ

薄毛治療でアレルギーの心配がある方は、毛髪の再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

他の方法と比べてアレルギーや副作用の症状が出るリスクが低い上に、育毛効果も長続きします。

ただ、体調や頭皮の状態によっては、全くリスクがないというわけではありません。気になることがあったら、事前に医師に確認しておくとより安心して治療を受けられるでしょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ