トピックスtopics

副作用のない女性の薄毛治療ってある?


薄毛治療というと、男性のためにあるものといったイメージがある方も多いと思います。また、副作用が心配で育毛剤などを使うことを躊躇ってしまうという女性も少なくありません。

しかし、近年は女性のための薄毛治療を行うクリニックが増えています。

そこで今回は、医療による女性の薄毛治療と副作用について解説していきます。

女性の薄毛治療は副作用に注意が必要!

薄毛治療には、「ミノキシジル」という薬品が使われるのが一般的です。

この薬は男性にも女性にも使用されており、発毛の進行と抜け毛の予防効果が期待できます。

女性もミノキシジルによって育毛が可能であり、使用しても問題はないと言われていますが、その濃度によって副作用を引き起こすことがあります。

ミノキシジルが配合された育毛剤には、1%、5%、15%など複数の種類があり、現在市場に出回っているものでは、男性向けが5%、女性向けが1%です。

男性用の方が高濃度なので、女性の中には早く薄毛を治療したくて、「濃度が高いほうが、効果が早く現れるのでは?」と思い、男性用の育毛剤を使ってしまう方もいます。

しかし、女性が濃度の高いミノキシジルを使って薄毛治療をすると、副作用により痒みや炎症が起こる可能性が高くなります。

薄毛治療薬品のミノキシジルが起こす副作用とは

ミノキシジルは用法や容量を守って正しく服用することで、薄毛を治療する効果が期待できます。

しかし、間違った使い方をしてしまうと副作用が起こることもあります。特に女性はミノキシジルによる副作用が出やすいといわれているので注意が必要です。

具体的には以下のような副作用のリスクがあります。

・頭皮に発疹や赤みが出る
・フケが出やすくなる
・体重増加や手足のむくみ
・湿疹や接触性皮膚炎になりやすい
・頭痛、めまい、気が遠くなる
・胸痛、心拍が速くなる

ミノキシジルは、もともと血管を拡張して血圧を調整する薬でした。ただ、薄毛にも頭皮の血流は深く関係しているため、服用することで育毛の効果を得ることができると期待されています。

しかし効果があるからこそ、間違った飲み方をすると様々な副作用による不調が起こる可能性があります。

むやみに濃度が高いものを選ぶことはやめましょう。分からないことがある場合は、医師や薬剤師に相談し、かならず自分に合った濃度を選ぶようにしてください。

副作用なしで女性の薄毛を治療できる再生医療がある!?


最後に「薄毛が気になるから治療したいけれど、副作用は怖い」という女性に、おすすめの治療法をご紹介します。

再生医療とは、自分自身の健康な細胞を使った治療方法のことです。病気の治療にはもちろん、美容の分野でも注目を集めている治療法です。

薄毛も再生医療で治療すると高い効果が期待できます。女性と男性のどちらにも効果が期待でき、副作用のリスクも低いことが特徴です。

使用するのが医薬品ではなく自分自身の細胞であること、自然な育毛が可能であること、効果が長く持続することが毛髪再生医療のメリットです。

まとめ

女性は男性用の薬で薄毛治療を行うと、副作用が出るリスクがあります。

ミノキシジルなどの薬品を使う際は、医師や薬剤師に相談しましょう。

毛髪再生医療は副作用のリスクが低く、女性でも男性でも安心して育毛を行うことができる治療法です。

薄毛にお悩みで、薬を使った治療は副作用が心配だという方は、一度専門のクリニックに相談してみてくださいね。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ