トピックスtopics

ヘアサイクルを正常に戻す方法


髪の毛が生えて抜けてまた生えるサイクルのことをヘアサイクルといいます。

しかし、頭皮や毛根が加齢やストレスなどで弱ると、このサイクルが乱れることがあります。そして、ヘアサイクルの乱れは薄毛を進行させる原因にもなります。

薄毛は見た目の印象に大きく影響しますから、なんとかして対策したいですよね。

そこで今回は、ヘアサイクルを正常に戻す方法について解説していきます。

ヘアサイクルの乱れと薄毛の関係

ヘアサイクルは、髪の毛が生えて成長する「成長期」、髪の毛が衰えてくる「退行期」、成長が止まって紙が抜ける「休止期」の3つで構成されています。

このサイクルが正常なうちは、髪の毛も健康な状態を保つことができています。

しかし、何らかの原因でヘアサイクルが乱れると、なかなか髪の毛が生えてこなくなる、抜け毛が増えるなどの症状が起こります。

ヘアサイクルの乱れは薄毛の原因になります。薄毛を予防するためには健康なヘアサイクルを維持することが重要になります。

ヘアサイクルを正常に戻す方法


ヘアサイクルを正常な状態に戻すには、生活習慣の改善が必要です。

薄毛は睡眠不足や栄養の偏り、ストレスが原因になります。偏った栄養バランスの食事や暴飲暴食を続けていると、紙の成長に必要な栄養素が不足し、育毛に悪影響を及ぼします。

特に気を付けたいのは脂質です。脂質を過剰に摂ることで、頭皮の皮脂分泌量が増え脂漏性皮膚炎など髪の毛が生えにくい状態をつくってしまいます。

なるべく脂質は控えてバランス良く食べることを心掛けましょう。

また、熟睡中は体の成長や修復を促すホルモンが分泌されるため、睡眠時間が不足すると日中のダメージを回復することができません。睡眠時間をきちんと取ることで頭皮のダメージを回復させましょう。

食事と睡眠の他には適度な運動もおすすめです。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすることで、栄養素や酸素が頭皮に行き渡りやすくなります。頭皮に育毛のために必要な栄養が十分にあると、ヘアサイクルも正常に戻ります。

ヘアサイクルの乱れによる薄毛には再生医療!?

ヘアサイクルは生活を改善することで元に戻すことができます。

しかし加齢によるヘアサイクルの乱れは、自分で食事や睡眠に気を付けていても簡単には改善されません。加齢によるヘアサイクルの乱れの対策には、再生医療を用いた治療が有効です。

再生医療では、頭皮に自分から採取した血漿を注入します。この血漿の中には頭皮を活性させて毛根を成長させる因子が含まれているため、自然に自分の力で髪の毛が増えるのです。

薬品ではなく自分の血液を使うため、アレルギーや副作用が出にくい、育毛効果も長続きするといったメリットがあります。

まとめ

ヘアサイクルを正常に戻すには、生活習慣の改善をしましょう。

食事内容や睡眠時間に気を付け、適度に運動する習慣をつけてください。それでもなかなかヘアサイクルが元に戻らない場合は、加齢で頭皮や毛根が衰えてきている可能性があります。

その場合は、毛髪再生医療に頼るのも一つの手段です。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ