トピックスtopics

びまん性脱毛症の女性は20代もいる?主な原因は?


びまん性脱毛症の女性のなかには20代の若い女性もいます。

20代という若い年代でびまん性脱毛症になってしまう原因はどういったものが考えられるでしょうか。

ここでは、20代の多くの女性の生活習慣の中からびまん性脱毛症の原因につながってしまうものはどういったものがあるかを紹介します。

20代の女性が「びまん性脱毛症」…その原因は?


びまん性脱毛症は女性に多くみられる脱毛の症状で、閉経後や更年期に女性ホルモンのバランスが乱れることが主な原因といわれています。

しかし、最近では20代といった若い女性でも、びまん性脱毛症で悩む人が増えています。

加齢による女性ホルモンのバランスが原因ではないと考えられる20代の女性の場合は、日々の生活でびまん性脱毛症になるようなことをしてしまっていることが考えられます。

具体的にどのようなことがびまん性脱毛症につながっているのかを把握することで、びまん性脱毛症の予防や改善につなげることができます。

ストレスが20代女性のびまん性脱毛症の原因になる

びまん性脱毛症の女性の20代の人の主な原因の1つとして考えられるのがストレスです。

ストレスが溜まった状態が続くと、自律神経のバランスが乱れてしまい、血管が収縮されて頭皮や毛髪にじゅうぶんな栄養素が行き届かなくなってしまいます。

また、皮脂が過剰に分泌されるようになって頭皮環境も悪化しやすくなります。

20代といえば、社会人になったり、結婚したりするなどしてそれまでの生活環境とは大きく変わる人も多い年代です。

また、新しい人脈も増え、いろんな人と接する機会も多いでしょう。

そのような中でストレスを受けないということは難しく、ストレスを溜め込んでしまう人はたくさんいると思います。

自分の時間を確保し、自分なりのストレス解消法でストレスを溜め込まないようにコントロールすることも大切です。

毛髪や頭皮に負担のかかるヘアスタイルが原因になる

びまん性脱毛症の女性で20代の人は、毛髪や頭皮に負担のかかるヘアスタイルにしていないかも振り返ってみるべきです。

20代になると学生の頃にはできなかったようなヘアスタイルにもいろいろ挑戦できるようになります。

しかし、ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正などを頻繁におこなったり、エクステを長時間つけていたりすると、毛髪や頭皮に負担をかけてしまいます。

まとめ

20代という若さでびまん性脱毛症になってしまう女性が増えています。

その原因は、普段の生活習慣が引き金になっているということが考えられます。

ストレスをためすぎない、頭皮や髪に外的刺激を与えないようにするといったことが、20代女性のびまん性脱毛症を予防する方法です。

髪のためにはもちろん、生活習慣は肌の美容や健康にも影響を及ぼしますから、生活習慣を見直してみましょう。

トップ