トピックスtopics

びまん性脱毛症の女性って10代にもいるって本当?


女性の薄毛の悩みといえば、年をとってからと思っている人も多いと思いますが、びまん性脱毛症で悩む女性には10代の人もいるのです。

10代でもびまん性脱毛症になってしまう原因とは…。

今回は、10代の若い女性がびまん性脱毛症になってしまう理由について解説します。

10代の女性がびまん性脱毛症になるの?

びまん性脱毛症の主な原因は女性ホルモンのバランスの乱れといわれています。

特に30代後半や40代くらいになると加齢によって女性ホルモンの分泌が減少していきます。その結果、女性ホルモンのバランスが乱れ、びまん性脱毛症になることがあります。

一方、盛んに女性ホルモンの分泌がおこなわれる10代の女性には、びまんせい脱毛症は無縁のものでは?と思うかもしれません。

しかし、加齢とは別の理由で、びまん性脱毛症になる女性は少なくありませんし、10代という若さでも症状が出てしまう人もいるのです。

10代の女性がびまん性脱毛症になる主な原因とは?


10代の女性がびまん性脱毛症になる主な原因としてどのようなことが考えられるのかを紹介します。

無理なダイエット

10代でびまん性脱毛症になる女性の原因で多いのが、無理なダイエットをしてしまうことです。

10代といえば思春期の真っ只中で、自分の体型への周囲の目も気になる女性も多いでしょう。

ダイエットをすること自体は悪くありませんが、無理なダイエットをしてしまうと身体中に悪影響を及ぼしてしまいます。

そして、悪影響を受けるのは、毛髪や頭皮も例外ではありません。

とくに、多くの女性がやってしまいがちなのが、過度な食事制限をしたり、ダイエットに良いといわれる食べ物や飲み物など同じものばかり食べたりしてしまうことです。

摂取する栄養が不足したり、偏ったりしてしまうと頭皮や毛髪が成長するために必要な栄養素が不足してしまいます。

睡眠不足

びまん性脱毛症になる10代の女性には、睡眠不足の人が多くいます。

10代は体力もあるので、多少の寝不足が続いても体力面では気合でカバーできてしまう部分もありますが、体そのものには大きな負担がかかってしまいます。

とくに毛髪は睡眠中に成長ホルモンが分泌されるといわれています。

その成長ホルモンによって、頭皮や毛髪が日中に紫外線などで受けたダメージを睡眠中に回復させる必要があるので、しっかりと睡眠をとる必要があります。

夜遅くまでスマートフォンを眺めているという人は寝不足になるだけではなく、画面の光を寝る直前まで浴びることで睡眠の質も下げてしまうので、注意が必要です。

まとめ

びまん性脱毛症になる女性のなかには10代の女性もいるということを紹介しました。

今は大丈夫と思っている10代の女性でも、無理なダイエットをしていたり、夜遅くまでスマホを眺めてしまったりしているという人は、びまん性脱毛症になってし舞うかもしれません。

生活習慣を見直してみてくださいね。

トップ