トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • びまん性脱毛症の女性の改善のためのヘアケアとは?

びまん性脱毛症の女性の改善のためのヘアケアとは?


びまん性脱毛症で悩んでいる女性は多くいますが、その改善のためには具体的にどうしたらよいのかしら…と悩んでいる方も少なくないと思います。

しかし、びまん性脱毛症を改善したいがために、多くの女性が間違ったヘアケアをしているという現状があるようです。

そこで今回は、びまん性脱毛症を改善するために行いたい女性のヘアケアについてご紹介します。

びまん性脱毛症改善のために間違ったヘアケアをしている女性が多い!?


びまん性脱毛症で悩む女性であれば、その症状を改善するために、ヘアケアに力を入れているという人もたくさんいるでしょう。

しかし、それでもなかなか改善する兆しがみえないという人は間違ったヘアケアをしてしまっているかもしれません。

自分は正しいと思っているヘアケア方法が実は間違っているというケースは少なくありません。間違ったヘアケアをしてしまうとびまん性脱毛症が改善できないどころか、悪化させてしまうこともあります。

ですから、びまん性脱毛を改善するためには、まずはケア方法を見直してみることをお勧めします。

洗髪方法を見直そう

女性のヘアケアの基本となるのは、まず洗髪です。

男性でも同じことが言えますが、間違った方法で洗髪してしまっているために薄毛になっているという人は少なくありません。

例えば、びまん性脱毛症の女性で改善しようとして、一日に何度を洗髪している人もいると思いますが、一日に何度も洗髪すると毛髪や頭皮に大きな負担となるのでよくありません。

他にも以下のような洗髪方法をしていないか、確認してみてください。(かっこ内が正しいケアの仕方です)

・予洗いが不十分(シャンプーをつける前にお湯だけでしっかりと洗う)
・高い温度のお湯で洗髪している(ぬるま湯くらいの温度のお湯を使う)
・爪を立ててゴシゴシと洗っている(頭皮を傷つけないように指の腹の部分を使う)
・すすぎがじゅうぶんではない(洗い残しがないようにしっかりと洗い流す)
・シャンプーが合っていない(シャンプーを見直してみる)

洗髪後の自然乾燥はよくない?

びまん性脱毛症の女性が改善していくための洗髪方法について紹介しましたが、洗髪後の乾燥方法にも注意が必要です。

ドライヤーの熱をあてると髪に負担がかかりそうだから自然乾燥をしているという人もいると思います。

しかし、髪の毛や頭皮が乾いていない状態だと、キューティクルが開いていますから、ダメージを受けやすいです。

また、濡れたままの状態だと雑菌が繁殖しやすいので、自然乾燥ではなくドライヤーで素早く乾かすべきです。

ドライヤーを使用するときも、同じ部位に長く温熱を当てると髪の毛や頭皮に負担になります。タオルである程度水けを拭き取ってから使用したり、同じ箇所に長時間あてたりしないように意識してみてくださいね。

まとめ

びまん性脱毛症の女性が、その症状を改善していくためのヘアケア方法について紹介しました。

これまで正しいと思っていたケア方法が間違っていたという女性もいるのではないでしょうか。

正しいヘアケアで、びまん性脱毛症の予防や改善を目指していきましょう。

トップ