トピックスtopics

目の下のたるみは切らないで解消できる?


目の下は、たるみやシワなど年齢を感じさせるものが出やすいですよね。

目の下のたるみを消す方法としては、エクササイズやマッサージなどがあります。しかし、エクササイズやマッサージのみでたるみを解消するのは至難の技です。

そこで今回は、目の下のたるみの解消について解説していきます。切らない方法として、再生医療も紹介します。

目の下のたるみを解消する方法にはどんな方法がある?

目の下は美容に関するトラブルが多い箇所です。

クマやシワ、たるみといった見た目の印象を暗くするものが出やすいですよね。現在、目の下のたるみを解消する方法はたくさんあります。

自分で行えるものだと、マッサージとエクササイズでしょうか。確かに、目の下のたるみには血行やむくみが深く関係しています。マッサージやエクササイズで改善できるなら、それに越したことはありませんよね。

できたばかりの薄いシワであれば、マッサージやエクササイズである程度解消することができるでしょう。

しかし、深く刻まれたシワやたるみとなればそうはいきません。肌に定着してしまったたるみは、簡単には消すことができないため、マッサージやエクササイズだけでは不十分です。

効果がなかなか感じられず、続けていくのが嫌になる可能性が高いです。

切らないでたるみを解消できる?

マッサージやエクササイズで効果がないと、美容整形という方法が浮かぶかと思います。

しかし、美容整形でたるみを解消するとなると、メスを入れる場合があります。

当たり前ですが皮膚を切ると傷ができるため、不安になる人もいるでしょう。時間が経つと傷は消えますが、メスを使った手術後は、しばらく腫れが残ることもあります。

術後にずっと人に会わないわけにもいきませんし、美容整形したことを人に知られたくない人は、切らない方法を選ぶことをおすすめします。

たるみは切らない方法でも解消することができます。目の下のたるみなら、ヒアルロン酸注射も有効です。

ヒアルロン酸注射は、名前の通り肌のハリの素であるヒアルロン酸を補充する治療法で、効果が持続する期間が短いことがデメリットですが、数ヶ月~1年程はたるみがない状態を保つことが可能です。

切らない再生医療で目の下のたるみを消すことができる!


ヒアルロン酸よりも効果が長く続くのが、再生医療です。

再生医療の場合は、自分自身の細胞を培養して活性化させ、目の下に注入します。

細胞が活性化していると、肌に必要なヒアルロン酸の生成も活発になります。すると、自分の力で十分な量のヒアルロン酸を生み出すことが可能になり、肌のハリを保つことができるのです。

自分自身から取った細胞は、異物として排出されることがないので、他人や動物から採取したヒアルロン酸より長く皮膚に定着します。結果、長期間たるみのない若返った肌でいられるというわけです。

まとめ

目の下のたるみを自力で消すのは難しいです。

しかし、美容整形というと抵抗がある人もいるでしょう。

でも、整形といっても、必ずしもメスを使った手術をするわけではありません。

今は切らない方法でたるみを改善することが可能な時代です。解消されないたるみに悩んでいる人は、再生医療という切らない解決法もあります。

もし関心がありましたら、一度専門のクリニックに相談してみてくださいね。

トップ