トピックスtopics

肌のたるみは切らないで解消できる時代です!


顔のたるみはそれだけで老けた印象を与えるため、その人の魅力をダウンさせてしまいます。

そのため、顔のマッサージや表情のエクササイズなど、自力でたるみを解消する方法がたくさん生み出されました。

しかし、これらの方法は時間と労力がかかる上に、完全にたるみを消すことは難しいです。

確実な方法だと美容整形がありますが、顔をメスで切ったり異物を入れるという治療法に抵抗があるという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、切らないたるみ解消法をご紹介します。

たるみは切らないといけない?


たるみの解消というと、どのような方法を思い浮かべますか?

顔のたるみというと、額、目の下、口元、フェイスラインなど箇所は様々ありますよね。

これらのたるみを消すなら、まず美容整形という方法があります。

しかし、美容整形でたるみを消すというと、メスを入れる手術をイメージしていませんか?たるみを改善するなら、顔のどこかを切らないといけないのではないかと不安になる人もいるでしょう。

メスを使って切る場合は、きちんと麻酔をかけますから切られる痛みは感じません。それでも、切ってしまうと傷になりますし、術後のダウンタイムも発生します。

時間が経つと綺麗になるとはいえ、顔の一部が腫れた状態は抵抗がありますよね。

たるみは切らない時代に

これまでは、顔のたるみを解消したいのなら切る方法が主流でした。

しかし、今は切らない方法でたるみを消すことが可能になりました。若返り美容として話題になったヒアルロン酸注射も、切らないたるみ解消法です。

外から注入したヒアルロン酸が長く皮膚に定着出来ないことが弱点ですが、メスで皮膚を傷付けることなく、たるみの解消が出来るのはメリットと言えるでしょう。

切らないたるみ解消法の再生医療

切らないでたるみを解消できる最先端の方法は、肌の再生医療です。

再生医療によるたるみ解消法は、専門のクリニックで行います。

治療内容は、自分自身の細胞をたるみが気になる箇所に注入するだけです。

採取した細胞は、培養によって活性化させられ、活性化した状態の細胞を皮膚に注入し、肌の再生力をアップさせるのです。

肌の再生力が高まればハリを作る成分もたくさん生成され始めるのですが、たるみはハリ不足が原因です。

つまり、肌にハリが戻ることで切らないでもたるみを解消できるというわけです。

まとめ

顔のたるみは切らない方法でも解消することができます。

たとえ悩みを解決するためであっても、顔を切るとなると心配になる人は少なくありません。

今は美容法がたくさんありますから、不安のある人は再生医療などの切らない方法でたるみの解消を行うことを検討してみてはいかがでしょうか。

トップ