トピックスtopics

顔のたるみを改善するにはどんな方法が良い?


誰でも年齢とともに気になってくるのが、顔のたるみです。

顔は体の中で一番人の視線が集まる場所ですから、美容に敏感になる人も少なくありません。

実際、顔がたるむと輪郭がぼやけて顎との境界がなくなる、脂肪が強調されて太って見えるなど厄介なことがたくさんあります。

そこで今回は、顔のたるみを改善する方法について解説していきます。

顔のたるみ改善と皮膚の働き

顔のたるみは、皮膚の働きが低下することによって起こります。つまり、改善するには皮膚の働きを高める必要があるということになります。

顔の皮膚の下には、筋肉や脂肪といった数多くの組織が存在していますが、その中で一番上にある皮膚は、乾燥や摩擦によるダメージを受ける機会が多いです。

若い頃は新陳代謝が活発なため、ダメージを受けてもすぐに皮膚が再生されていきます。

しかし、年齢を重ねると代謝は下がっていくため皮膚の再生も遅くなります。

すると、乾燥によって出来たシワがいつまでも残り、皮膚のゆるみに繋がっていきます。

皮膚がゆるむと、その下にある筋肉や脂肪も皮膚に引っ張られ、顔全体が垂れて老けた印象になってしまうのです。

たるみ改善とヒアルロン酸


顔のたるみを改善するには、肌の成分も重要です。ハリとうるおいの不足もたるみを引き起こすからです。

皮膚は老化により、肌のうるおいとハリを作るコラーゲンやヒアルロン酸を生み出せなくなっていきます。

そのため、美容整形では皮膚にヒアルロン酸を注入していました。皮膚に不足しているヒアルロン酸を外から補充することで、一時的に皮膚を若返らせていたのです。

ヒアルロン酸は人間の体内で作られるものですので、薬のような副作用を心配する必要はありません。

しかし、美容整形で使われるヒアルロン酸は他人や動物のものです。自分の体にあったものではないため、注入しても数ヶ月~1年で異物として体外に排出されてしまいます。

たるみを改善する効果はあるのですが、長く皮膚に定着することができないという点が問題でした。

顔のたるみは再生医療で改善

ヒアルロン酸注射では、たるみを改善する効果は一時的です。そこで新たに注目され始めたのが、再生医療です。

再生医療では、自分自身の細胞を活性化させたものを注入します。

他人や動物から採取したものではないため、注入しても異物にはなりませんから、体外に排出されることがなく、ヒアルロン酸よりも長い期間皮膚に定着することが可能なのです。

また、活性化した細胞はハリとうるおいの素となるヒアルロン酸やコラーゲンを生成する力も高めます。

つまり、自力で肌に必要な成分を作ることができるので、若々しい肌になっていくことができるのです。

まとめ

顔のたるみを改善する方法は、進化しています。

たるみの解消には肌のハリが必要不可欠です。ハリを作るのに必要なヒアルロン酸は、以前は注射で外から補うだけでしたが、再生医療では活性化した細胞を使って、体内で生成することが可能になりました。

これからは、顔のたるみで悩む人がいなくなるかもしれませんね。

トップ