トピックスtopics

たるみから生じるゴルゴ線を対策しましょう

ゴルゴ線と呼ばれるシワに悩む人はたくさんいます。

漫画やアニメでも、人物の顔にゴルゴ線があるだけで「おじさん」や「おばさん」に見えますよね。

実際の人間も同じで、ゴルゴ線があるだけで大分老けた印象に見えてしまいます。ゴルゴ線はそのほとんどが顔のたるみによるものです。

そこで今回は、たるみから生じるゴルゴ線の解消法について解説していきます。

ゴルゴ線はたるみが原因


ゴルゴ線は顔にできるシワですが、ただの小ジワとは異なります。

ゴルゴ線は、目の下の皮膚がたるむことで生じます。そしてたるみやシワの原因は皮膚の乾燥です。

若い頃の皮膚はうるおいとハリが十分で乾燥もしにくく、皮膚の内部では次々にハリとうるおいの素が生成されています。

そして、ストレスやダメージを受けても、すぐに新しい皮膚が再生されるのです。

しかし、加齢により皮膚の再生力は失われていきます。

すると、皮膚は乾燥やストレスなどの刺激を受けても、すぐに対応することができません。再生にも時間がかかるため、たるみやシワがいつまでも肌に残ってしまいます。

目の下のたるみ・ゴルゴ線ができやすい人

ゴルゴ線はたるみが主な原因です。

しかし、中には若い頃からすでにゴルゴ線がある人もいます。また、ゴルゴ線はもともとの骨格で生じやすい人とそうでない人に分かれることもあります。

以下にゴルゴ線ができやすい人の特徴をまとめてみました。

・欧米人に多く見られる扁平な骨格の人
・目の脂肪が少ない人
・スマートフォンやパソコンを長時間使う人

ゴルゴ線には骨格が影響していますが、それだけが原因でできるわけではありません。

普段の生活で目を酷使することでも生じます。パソコンやスマートフォンの見すぎは、目の周辺のむくみに繋がりますし、顔のむくみは皮膚がたるむきっかけになります。

骨格などが原因でもともとゴルゴ線ができやすい人は、パソコンやスマートフォンを見る時は目を疲れさせないよう時々休憩を取りましょう。

たるみから生じるゴルゴ線は再生医療が有効

ゴルゴ線は目の下のたるみが原因ですので、解消には皮膚の再生医療が効果的です。

皮膚の再生医療には、自分の細胞を採取して活性化させたものを使います。

活性化した細胞が皮膚に入ることで、肌の働きも改善していきます。するとターンオーバーも早くなり、たるみやシワも解消されていくというわけです。

まとめ

ゴルゴ線は薄いものならメイクでごまかせるかもしれませんが、深いシワになると厄介です。

ゴルゴ線はたるみを解消すれば、目立たなくすることが可能ですが、かといって、マッサージやエクササイズでたるみをなくすのは大変です。

自分の細胞を使う再生医療でたるみそのものを解消すれば、効率よくゴルゴ線を消すことができます。

ゴルゴ線対策が上手くいかずうんざりしている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

トップ