トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • フェイスラインのたるみにも効果的!?最先端の若返り治療とは

フェイスラインのたるみにも効果的!?最先端の若返り治療とは


20代終わりから30代にかけて、次第に気になってくるのがフェイスラインのたるみです。

40代、50代とさらに年齢を重ねフェイスラインがたるんでくると、顎や口の周辺が一気に老け込んだ印象になりますよね。顔の輪郭がぼやけるだけで見た目の年齢も著しく変わってしまいます。

そこで今回は、フェイスラインのたるみの原因と顔のたるみに効果的な最先端の若返り治療について解説していきます。

フェイスラインのたるみはむくみが原因

フェイスラインのたるみは顔のむくみで起こります。

むくみは老廃物が蓄積している証拠ですから、むくみからくるたるみには、フェイスマッサージを行うことが有効です。

顎の下をマッサージするとリンパの流れを改善され、溜まっていた老廃物が流れます。老廃物が排出されれば、顔のむくみとたるみは解消されます。

このように、たるみの原因がむくみだけならマッサージで十分ですが、加齢による肌の変化も関係している場合は、自分でたるみを解消するのは難しくなります。

フェイスラインのたるみと肌の老化

顔には骨や筋肉、脂肪、皮膚などをくっ付けている組織があります。

しかし、フェイスラインにはこの組織がありません。顔の皮膚が年齢でゆるむと、その下にある組織もつられてたるんでしまうのです。

顔の脂肪は重力に負けて下に垂れるため、よりたるみを強調してしまい、その結果、顔全体が下がって大きくなったように見えてしまうのです。

このような皮膚のたるみは、加齢でハリが不足したことが原因です。フェイスラインをたるませないためには、まず皮膚のハリを保つことが重要になります。

フェイスラインのたるみは若返り治療で解消

これまでフェイスラインを含む顔の若返りというと、ヒアルロン酸やコラーゲンの注入が主流でした。

ヒアルロン酸やコラーゲンは年齢とともに不足するため、外から補うことで一時的に肌を若返らせることができます。

しかし、ここで紹介する若返り治療は、ヒアルロン酸やコラーゲンを使いません。使用するのは自分自身の細胞になります。

ヒアルロン酸やコラーゲンを生み出す細胞を活性化させ、注入することで肌の治癒力そのものを高めることができるのです。

肌の治癒力が上がれば、乾燥によるダメージの回復も早くなります。皮膚にうるおいとハリが戻り、たるみを改善することができます。

まとめ

フェイスラインがたるむと、一気に年齢を感じさせる印象になります。

年は誰でも取るから仕方がないと諦めてしまう方もいるでしょう。しかし、今はほんの少し自分の細胞を注入するだけで、数年若い肌をキープすることが可能になりました。

見た目が若返れば気持ちにも良い影響が現れますよね。

顔のたるみでお悩みの方は、ぜひ最先端の若返り治療を検討してみてはいかがでしょうか。

トップ