トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • ニキビ跡は20代後半になる前に治療したほうが良い!って知ってた?

ニキビ跡は20代後半になる前に治療したほうが良い!って知ってた?


20代以降になってできるニキビを「大人ニキビ」と言いますよね。この大人ニキビ、10代の思春期ニキビに比べると治りが悪く、重症化してしまうなど、ニキビ跡になりやすいということがあります。

そして、ニキビやニキビ跡に悩んでいる20代は結構多く、ニキビは肌の悩みのトップクラスです。

でも20代後半はまだ若いし、と思って放置していると…もう消えないニキビ跡になってしまうことがあるのです。

20代後半は、お肌の曲がり角!ニキビのケアは万全に、ニキビ跡もなるべく早いうちに治療したほうが良いですよ。

20代後半からできるニキビはニキビ跡になりやすい!?


10代の思春期の頃のニキビは、ホルモンバランスの乱れによって過剰に皮脂分泌が分泌されることにより、毛穴に皮脂が詰まってできますが、20代後半以降の大人ニキビは、主に生活環境が原因です。

生活環境とは…偏った食生活、睡眠不足、化粧による肌への負担、仕事などの疲労やストレスなどで、このような環境で発症したニキビは治りにくく、ニキビ跡になりやすいです。

まだ若いから、美白ケアや、ニキビ跡に効くと謳っている市販の化粧品を使用してセルフケアをしても、20代後半にもなると、ニキビ跡はなかなか治らなくなってくる現状があります。

なぜ20代後半になるとニキビ跡が治りにくくなるの?

肌を美しく保つには、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンがあります。これは線維芽細胞というものが分泌しており、この分泌量は25歳くらいから激減します。

大人ニキビができてしまい、炎症をおこすなど悪化してしまうとニキビ跡になりやすいですが、20代後半になると、自分で肌を回復させる力が弱まるため、ニキビ跡が残りやすくなるのです。

20代後半のニキビ跡…どんな治療で治る?

ニキビ跡の治療には、ケミカルピーリングやフォトフェイシャル、レーザー治療などがあります。

この治療法は、赤や茶に色素沈着したニキビ跡には効果が期待できますが、クレーター状になったニキビ跡には、なかなか効果が見られません。

ひどくなってしまったニキビ跡の治療には、皮膚再生治療がお勧めです。

この再生治療を行うと、ニキビ跡を治すだけでなく、30代40代以降になって出てくる肌の悩みを少なくすることができるので一石二鳥なんですよ。

まとめ

20代後半に現れる大人ニキビは治りにくく、20代後半になると、肌細胞の老化が始まるということもあり、ニキビ跡になりやすいです。

ニキビ跡になってしまったとしても、治療する方法がいくつかありますが、なるべくそういった治療を受けずに、ニキビの段階できれいに治す、ニキビ跡にならないように気を付ける、そもそもにきびを作らないようにする!というようにしたほうが良いですよね。

ですから、適切なスキンケアや生活習慣を見直すようにしてみましょう。

もし、セルフケアでは治らないニキビ跡ができてしまった場合は、なるべく20代後半のうちに美容クリニックなどに相談し、自分に合った治療を受けることを検討してみてくださいね。

トップ