トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 眉間はニキビができやすくニキビ跡も残りやすい部位なんです!

眉間はニキビができやすくニキビ跡も残りやすい部位なんです!

眉間は、Tゾーンに位置するため皮脂が多くニキビになりやすい部位です。

また、前髪がニキビに触れて雑菌がついてしまったり、つい自分の手で触ってしまうということもあり、ニキビ跡になりやすいです。

でも、ニキビ跡になってしまうと目立つので厄介ですよね。

今回は、眉間にできてしまったニキビ跡を治す方法について解説します。

眉間のニキビ跡を治療する方法は?


眉間のニキビ跡は目立ってしまいますよね。

少しでも肌回復機能が働いているうちに、早めの治療を受けることをお勧めします。皮膚科や美容外科では、レーザー治療、ケミカルピーリングなどが行われています。

これらの治療は、色素沈着などのニキビ跡には効果的ですが、クレーター状になってしまったニキビ跡は、なかなか治せません。

でも、脂肪由来幹細胞による美肌再生治療という、画期的な治療法があります!

眉間にはニキビ跡だけでなく様々な悩みが付きまとう!

眉間には、ニキビ跡以外にも以下のような様々な悩みが付きまといます。

・あぶら毛穴:TゾーンやUゾーンに多い、皮脂分泌が過剰になった毛穴
・黒ずみ毛穴:皮脂と汚れが詰まった毛穴、鼻にも多い
・ニキビ毛穴:雑菌により炎症や肌荒れを起こしている
・乾燥毛穴:乾燥によって開いてしまっている
・表情ジワ:表情が出た時に目立つしわ。
 *眉間のシワは怒ったような印象を与えることもあります

眉間は皮脂分泌が多いところなので皮脂が溜まりやすく、ニキビが発症しやすくなりますし、ニキビケアを怠ると、ニキビ跡に発展してしまいます。

さらに、加齢によって肌が老化すると、毛穴やシワが目立つようになります。

眉間のニキビ跡治療だけでなくアンチエイジングにも効果あり!?再生医療

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、この3つは肌を美しく保つためには欠かせないものです。

そして、これらはヒトの線維芽細胞から分泌されている成分ですが、この分泌量は20代後半に激減、さらに加齢によって減少していきます。

そこで、脂肪由来幹細胞の登場です。

幹細胞は、同じ細胞を複製することができる能力があり、様々な種類の細胞へ分化する能力を持っています。この幹細胞のうち、脂肪由来の幹細胞は、線維芽細胞を修復するだけでなく、線維芽細胞と同様の、コラーゲンの線維を形成する能力、皮膚バリア機能を担う角質修復能力があります。

この治療法によって、眉間などのニキビ跡がきれいになったり、ニキビ跡だけでなくシワやたるみにも有効で、肌のアンチエイジングが可能になります。

まとめ

眉間のニキビ跡だけでなく、アンチエイジングも可能な脂肪由来幹細胞による美肌再生治療が話題です。

この再生医療は、自分の細胞を使用する安心安全な治療法、効果が持続、年齢を重ねるごとに美肌になっていく、まさにアンチエイジングの画期的治療法と言えます。

一度なってしまうと消すことが難しいといわれる眉間のニキビ跡にも効果的!というのも魅力ですよね。

トップ