トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 40代の肌悩みはニキビ跡だけじゃない!肌の再生医療で若返ろう!

40代の肌悩みはニキビ跡だけじゃない!肌の再生医療で若返ろう!


ニキビ跡は確かに気になる肌トラブルですが、40代の肌悩みはそれだけではないですよね。

シワにたるみに、目の下のクマ、二重あご、ほうれい線…そしてニキビ跡。これらぜ~んぶ解決してくれる方法はないのっ!?と思う方もいらっしゃると思います。

でも、そんな方法はなさそう…。

しかし、それはあります!

実は、40代の肌悩みをぜ~んぶ改善してくれる方法があるんです!こちらでご紹介しますね。

40代はニキビ跡だけでなくさまざまな肌の悩みが…!


40代になるとニキビ跡も気になるけれど、それと同じくらいさまざまな肌の悩みが発生します。

なぜなら、肌の老化がどんどん加速してくるのがこの年代だからです。

40代になるとニキビ跡も自力では治すことが難しいですし、30代の頃はなんとかメイクで隠せていた年齢肌が隠せなくなってきます。

シワやたるみによって、実年齢以上に老けて見られてしまい、ショックを受ける人もいますよね。

早い人だと更年期障害なども出てきて、ホルモンバランスの崩れによる肌荒れも気になりますし、乾燥肌にも悩まされます。

40代ってそんな年齢なんです…。

そもそも肌が衰える原因ってなに?

美肌に欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンは、真皮にある線維芽細胞が分泌していますが、25歳頃から細胞がダメージを受けていき、分泌量が徐々に減り続けます。

これが肌が衰える原因です。

また、肌のターンオーバーのサイクルをみてみても、20代だと25日、でも40代になると35日くらいになってしまうという人も少なくありません。

肌のターンオーバーが低下していれば、ニキビ跡を自力できれいに消すのはとても難しいのです。

なので、40代のニキビ跡を治療しようと思ったら、皮膚科や美容外科に頼るという方法を検討するのもアリです。もちろんシミやしわの改善も同じです。

40代のニキビ跡や年齢肌の悩みに救世主となるのは肌の再生医療!

40代のニキビ跡は皮膚科や美容外科に行って、ケミカルピーリングやレーザー治療をしても、あまり効果がない…なんていう事もあります。

また、シワなどの悩みにヒアルロン酸注射などをして、シワが伸びた!と喜んでも効果は継続しないので、定期的な治療が必要です。

なんだかせっかく治療をしたのにガッカリ…。

でも、肌の再生医療なら40代のニキビ跡も年齢肌の悩みも改善できる効果が期待できます!

肌の再生医療ってなに?安全性は?

ひとくちに肌の再生医療といってもいろいろありますが、最先端は脂肪由来幹細胞を用いた肌の再生医療です。

この再生医療は、脂肪から抽出した幹細胞を培養して局所注入する治療で、線維芽細胞を修復するだけでなく、コラーゲン線維を形成することができます。

しかも、脂肪由来幹細胞はさまざまな組織の中に存在し、神経や細胞に分化することが可能なこと、角質層を修復、再生することで皮膚バリア機能を修正することもできます。

40代でニキビ跡を消したい、並行して年齢肌の悩みも解決したい!と思うのであれば、この最先端の肌の再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

40代になると、ニキビ跡以外にも様々な肌の悩みが出てきますよね。

その悩みの特効薬が、脂肪由来幹細胞による美肌再生治療です。体の気になる部分の治療が可能で、その効果は持続するので、どんどん若返る効果が期待できます。

興味をお持ちの方、ニキビ跡や40代の年齢肌で悩んでいるという方は、美容クリニックなどで相談してみてはいかがでしょうか。

トップ