トピックスtopics

30代以降のニキビ跡には皮膚再生治療が良い!?

30代の女性の肌悩みで多いのが、シミとニキビ跡です。

ニキビは女性だけでなく、男性も悩んでいる人も多いですよね。大人になってからのニキビは治りにくくニキビ跡になってしまうことも多いです。30代になると肌機能も衰えてくるので、ますますニキビがニキビ跡になりやすくなります。

でも、ニキビ跡はコンプレックスにもなります。恋愛や婚活に支障をきたすことも…。

そんな時は、皮膚の再生医療という方法がありますよ。

今回は30代以降の厄介なニキビ跡にも効果が期待できる皮膚の再生医療とはどういったものなのかご紹介しますね。

30代になると肌の修復機能が衰えます!


お肌の曲がり角と言われる25歳を過ぎ、美肌を保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の分泌がどんどん減少してくる30代。

さらに、30代後半くらいになると肌の潤いを保つ皮脂の分泌が低下し、乾燥肌に傾いてくる人も増えてきます。

そうなると、30代頃からシミやしわなどが発生、ニキビ跡などを修復する肌再生機能も低下してしまいます。

乾燥肌を対策するスキンケアに心がけましょう

乾燥肌になると、さまざまな肌トラブルが目立ちます。

ニキビもできやすくなるのですが、先ほどご紹介したように肌の修復機能も衰えてくるので、ニキビ跡になりやすくなってしまうこともあります。

そして、ニキビ跡になってしまうと、なかなか消せません。

また、ニキビやニキビ跡ができやすくなるというだけでなく、シミもできやすくなりますし、肌にかゆみが出たり、実年齢よりも老けて見られるようになることもあります。

このような肌の状態を改善するには、まず、乾燥肌を防ぐことが重要です。乾燥肌を予防することで、肌のターンオーバーも正常化しますから、ニキビやニキビ跡の修復にも効果的ですよ。

皮膚の再生治療で30代のニキビ跡が消える!?

皮膚再生治療とは、自分の血液や幹細胞を用いて線維芽細胞を刺激し、ニキビ跡やしわ、たるみなどを治療するものです。

30代のニキビ跡だけでなく、アンチエイジング治療としても効果が期待できますし、再生医療の中でも最新の治療「脂肪由来幹細胞による美肌再生治療」が、とても効果が高い!と注目を集めています。

脂肪由来幹細胞による皮膚の再生治療はニキビ跡にも効果的!

脂肪由来幹細胞による皮膚の再生治療とは、お腹から脂肪を取りだし、その中の幹細胞を抽出、培養します。この培養した脂肪由来幹細胞を局所に注射すると、線維芽細胞を再生、コラーゲンの分泌を促進させることができるので、肌のハリを取り戻すのに効果的なのです。

また、この脂肪由来幹細胞は、線維芽細胞を再生するだけでなく、皮膚バリア機能をもつ角質層の修復や修正、皮膚の神経や血管の再生も行うことができます。

この方法で肌治療をすれば、30代でもニキビ跡の治療をあきらめなくてすみます。

また、ニキビ跡だけでなく、同じ幹細胞を使用して、気になるシワやたるみも改善することができるのも魅力です。

まとめ

30代のニキビ跡を消す効果が期待できる最先端の皮膚再生医療「脂肪由来幹細胞による肌再生治療」をご紹介しました。

この再生医療は、ニキビ跡だけでなく、アンチエイジングもできるので、30代、40代…と年齢を重ねるにつれてどんどん増えていくであろう肌の悩みを解決する近道と言えます。

トップ