トピックスtopics

20代はニキビ跡で悩む人が多い現実が…!

ニキビというと思春期にできるというイメージの人も多いかもしれません。

しかし、思春期を過ぎてもニキビで悩んでいる人が多く、ニキビやニキビ跡の悩みは20代の肌トラブルの悩みトップ3にランクインするほどです。

20代の大人ニキビはニキビ跡になりやすい!?


20歳を過ぎてからできる20代以降のニキビは、大人ニキビと呼ばれています。

10代の頃にできるニキビとは少し特徴が異なり、20代からの大人ニキビは顎周りや口元に発症することが多く、しかもなかなか治らなくてニキビ跡になってしまうこともあります。

20代のニキビができる原因は?

20代以降のニキビは、思春期の頃のようなホルモン分泌による皮脂過多が原因ではなく、ストレスや女性の場合はメイク汚れなどが原因になることが多いです。

具体的には以下のような原因が挙げられます。

・仕事などのストレスや疲労による自律神経の乱れ
・夜更かしなどによる睡眠不足
・不規則な生活や偏った食生活
・ごしごし洗顔や油分の多い化粧品などによる不適切なスキンケア

また、10代の頃よりも肌が乾燥に傾いている人が多く、保湿不足も20代のニキビをニキビ跡にしてしまう原因の1つとして挙げられます。

洗顔のやり方を見直そう!

毎日のメイクやダブル洗顔などで皮膚に負担がかかっていると、肌のバリア機能が働き、肌を守ろうと皮脂腺が活発になります。

皮脂腺が活発になると皮脂の分泌量が増え、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、詰まった皮脂に細菌がついてしまい感染を起こす、そして、ニキビが炎症を起こしニキビ跡になりやすくなるのです。

ですから、余分な皮脂は洗顔で洗い流すことが必要ですし、常に皮膚を清潔に保ち細菌を寄せ付けないことが必要です。

とはいっても、洗顔の時に肌をゴシゴシこすってしまうとニキビがつぶれてしまったり、肌に負担をかけることになります。

優しく丁寧に泡洗顔をすることが大切ですし、水分を拭き取るときのタオルの使い方にも気を遣いましょう。

化粧はなるべく薄くするようにすると、ゴシゴシ洗顔を避けることができるのでニキビ対策ができ、結果的に20代のニキビ跡に悩むことが少なくなります。

まとめ

どの年代のニキビにも言えることですが、指や爪で潰す、引っ掻くなどの自己処理や、過剰な洗顔などは色素沈着やクレーター状のニキビ跡を残すことになります。

20代ではまだ、肌のターンオーバーの期間が短く、ニキビも治りやすいのでニキビ跡を残すリスクは少ないですが、それでもニキビ跡になるリスクはゼロに近いということではありません。

やはりニキビは作らないほうが良いですし、できてしまったニキビは早いうちに治すことが必要です。

セルフケアでのニキビ対策が難しい場合は、皮膚科などの専門医に相談してみることをお勧めします。

トップ