トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 学生も大人もニキビがニキビ跡になるのは避けたいですよね!

学生も大人もニキビがニキビ跡になるのは避けたいですよね!


ニキビは青春のシンボルなんて言われた時代もありました。

しかし、青春真っただ中の学生だけでなく大人になってからもニキビができる人は多いですし、学生時代のニキビがニキビ跡になってしまい、大人になってから悩みの種となる人も少なくありません。

もちろん大人になってからのニキビがニキビ跡になることもあるので、早く治癒するように気を付ける必要があります。

大人のニキビも学生時代のニキビもつぶしたらダメ!


肌の乾燥や食生活の乱れ、ストレスなどでホルモンバランスが崩れ、皮脂の量が増えることで大人ニキビができやすくなります。

そして、大人のニキビは、顎や口の周りにできやすいのですが、学生の頃のニキビはTゾーンやおでこ、鼻の周りにできやすいという特徴があります。

どちらも皮脂が毛穴に詰まることによってニキビができるのですが、そのニキビをつぶしたり、雑菌を付けてしまって炎症をひどくしてしまうとニキビ跡になります。

ニキビ跡を残さないようにするためには

ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビがあります。

白と黒ニキビは、炎症を起こしていないので、正しい洗顔、スキンケアを行い、肌を清潔に保つことで重症化を防ぐことができます。

そして、この段階できれいに治せば問題はありません。

しかし、赤ニキビはアクネ菌が増殖し、炎症を起こしてしまった状態で、黄ニキビはさらに炎症が進んでいるのでニキビの症状としては最も重症です。

赤ニキビや黄ニキビは、ニキビ跡になることがありますから、ますます厄介です。

ですから、ニキビ跡を残したくないのであれば、白ニキビや黒ニキビの段階で、ニキビをきちんとケアをしましょう。

もし、赤ニキビになってしまったという時は、決して爪でつぶすということをしてはいけません。さらに炎症が酷くなってしまう可能性があります。

一度なってしまうと治らないクレーター状ニキビ跡になることもあるので、注意してくださいね。

また、ニキビ跡を作らないようにするためには、まずはニキビ予防が必須です。

脂分の多い食事を避ける、睡眠をしっかりとるなどの生活習慣を整えましょう。

このようなニキビの予防法、ニキビ跡を悪化させない方法は、学生の頃にできるニキビの場合も、大人になってからのニキビの場合も同じです。

まとめ

学生の頃のニキビ跡が、大人になってからの悩みの種になるのはつらいですよね。

また、大人になってからのニキビも悪化させてしまいニキビ跡を作るようなことになってはいけません。

ですから、まずはニキビにならないようにしっかり予防をしましょう。

もし、ニキビが悪化してしまった場合は、決して触らないように、つぶさないようにして早く治癒するように心がけてくださいね。

たかがニキビ…と思わず、ニキビの薬を病院で処方してもらうのもアリです。最近の皮膚科クリニックには、思春期ニキビに悩む学生の患者さんも多いですよ。

10年前の写真をふと見たときに、
今の肌との違いにビックリしたことは
ありませんか?

あの頃の肌へ戻る…それは女性にとって夢のようなお話です。それを叶える魔法のようなお肌の再生医療で、夢を現実に!気になる方は当院へご相談下さい。

トップ